2018年11月06日更新

COCシナリオ「Vojaganto」

  • 難易度:★|
  • 人数:1人~5人|
  • プレイ時間:2~3時間(ボイスセッション)

●あらすじ
 大きな大戦が過去にあった世界。大戦の傷跡は深く、人口の大減少、資源の枯渇は生き残った人々を苦しめる。復興はままならず、文明はやせ衰え、死に瀕しようとしている。
 いつかの時代の、世界のどこか。探索者たちは口減らしの為にコミュニティを追い出された子供だ。君たちは探している。自分たちの新しい故郷となる場所を。

●KP情報
プレイ人数1~5名、基本ルールブック準拠、舞台は近未来、或いは遠い過去
(1人プレイの場合、NPCとして犬を従えて構わない)

428

6

ストック

0

コメント

●あらすじ

大きな大戦が過去にあった世界。大戦の傷跡は深く、人口の大減少、資源の枯渇は生き残った人々を苦しめる。復興はままならず、文明はやせ衰え、死に瀕しようとしている。
いつかの時代の、世界のどこか。探索者たちは口減らしの為にコミュニティを追い出された子供だ。君たちは探している。自分たちの新しい故郷となる場所を。

●KP情報

プレイ人数1~5名、基本ルールブック準拠、舞台は近未来、或いは遠い過去
(1人プレイの場合、NPCとして犬を従えて構わない)

まず初めに小さな対テロ戦争があった。先進国が手を取り合い、ある国に救うテロリストの撲滅を試みたが、テロリストは負け戦を転覆させんと儀式を執り行い、ルルイエを浮上させクトゥルフを目覚めさせる。人類はクトゥルフに対抗し、再びの封印に成功したが、あまりにも犠牲は大きかった。文明の復興さえままならない、傷だらけの世界。探索者たちはそんな時代に生まれた子供たちである。また、探索者たちが歩いている街は、実は地下に作られた地下都市。巨大なシェルターであり研究施設である。地下都市の人々はクトゥルフが封印されたことを知らないまま暮らしていた。探索者たちは地下に生まれ育ち、歴史の多くを知らない。探索者たちは結末で、歴史を知り、地上への脱出するかどうか選択する。

① 街
トンネルを抜けると大都市の廃墟がある。
●ビルから流れる滝:道路が浸水し、川のようになっている。水をろ過すれば飲み水が作れる。
●スーパー:バリケードで囲まれている。撤去すると、自害した一人の男性の屍と子供の屍がある。男性の手には銃と『Espero』と書かれたタグがある。
※男性と子供は後述の研究所:Esperoの脱走者。野犬に追われ、傷を負いながらバリケードを作り、食料もつき、絶望し自害した。
●公園
水と食料の確保を確保し、宿をとることが出来る。夜に野犬に襲われる。
野犬に襲われていると、一匹にロボットがやって来て、野犬を追い払う。

② 研究所:Espero
ロボットの体には『Espero』とある(エスペラント語で希望)。ロボットについていくと、頑強な扉があり、『Espero』とある。男性が持っていたタグを鍵に中へ入る。
研究所。
ホール、塔、植物園、紙だらけの部屋、人間工場がある。
紙だらけの部屋については歴史とクトゥルフについて知ることが出来る。
人間工場では、水の濁った大きな水槽が並んでいる。水槽がふたつ空になっている。ボタンをつけると『何者かの罪の独白』の音声が流れる。この都市で大崩落があり食糧難が発生し人々が立ち去ってしまったこと、一人だけ『地上への門』を守るために人体をロボットに改造したこと、寂しくて人間を作ったことを話す。
 ロボットを調べると端子がついている。それと機械を接続すると、ロボットが話し始める。
人間に逃げられた為に外を出たら施設に入るためのタグを紛失したこと、そしてここで暮らそうと提案される。
③ 結末
共に暮らす⇒平穏に生活をしていく。ただし資源には限りがあり、大人になった探索者たちは、一部の人間を同じように街から追放する。
地上への門を開く⇒クトゥルフの夢が無いことに気付き、クトゥルフの封印の可能性を提示する。しかしロボットは僅かにでもクトゥルフがいる可能性を提示し、止めようとする。ロボットと戦うか、ロボットを無力化すると地上の門は開かれる。探索者たちは生まれて初めて、本当の青空を見る。

●導入

『ここはかつて大きな大戦があった世界。大戦の傷跡は深く、人口の大減少、資源の枯渇は生き残った人々を苦しめている。君たちは子供だ。しかし輝かしい未来をあなた方は想像することが出来ない。君たちは口減らしの為にコミュニティを追い出され、見知らぬ場所をさ迷っている。食料も水も幾ばくも無い。君たちは探している。自分たちの新しい故郷となる場所を。』
※犬(名前はドッグミート、或いは非常食)
STR10、CON12、SIZ5、POW9、DEX14、耐久9
噛みつき50%(1d6-1d4)

●探索《トンネル》

探索者たちはコミュニティを追い出されてさ迷っていた。今はトンネルを歩いている。
トンネルには植物が生えている。
【アイディア】
⇒成功:食料も水も僅かでこのままでは死んでしまうと思うだろう。
ナイフや小さな鍋などはあり、材料さえあればと思う。
【植物学】
⇒成功:周りに苔が生えている。トンネルも湿っぽく、近くに水場があるかもしれないと思う。
⇒失敗:苔を食べられるかもしれないと思う。(食べるととても苦い。耐久-1)
【目星】に成功すると、遠くに明かりを感じる。トンネルの出口だろう。
抜けると、荒廃した街が眼前に広がっている。
『トンネルを抜けると、光が差し込んだ。荒廃した街が眼前に広がっている。青空の下に大きなビルが巨人のように立ち並んでいる。ビルの外壁には緑が絡みつき、まるで森のようだ。一部のビルからは滝のように水が流れている。光の帯の間を、ビルの間を、鳥が飛んでいる。
崩れたビルが周囲に立ち並び、崖のようになっていた。』

●探索《街》

 大都市のようであるが、周囲をビルが崖のように囲んでおり、進むことには困難が多いと感じるだろう。ひとまず、食料と水を確保しなければならない。周囲を見渡すと、“ビルから流れる滝”、“スーパー”、“公園”があるようだ。

① ビルから流れる滝

ビルから滝のように絶え間なく水が流れており、道路に注ぎ、浸水している。川のようになっている。
【アイディアや知識など】に成功すると、水は奇麗そうに見える。ろ過や煮沸すれば飲むことが出来るかもしれない。
【濾過や煮沸する道具】
 周囲を見渡してもそのようなものはない。

② スーパー

バリケードで囲まれている(バリケードのSTR15)。協力して撤去すると、中に入ることが出来る。

□店内
店内の棚にあったであろう食料や日常品は全てかっさらわれたのか、ガランとしている。
ここでは幸運-50で希望のもの(ただし、飴などのささやかなもの)が得られる。
【目星】に成功すると、埃が積もっており、長年誰も入っていないと分かる。

□バックヤード
奥に進んでいくと、男性と子供の白骨化した屍がある。更に奥には鍋などもある。
『薄暗いバックヤードをゆっくりと進む。するとそこには、人影があった。人影は微動だにしない。君たちはゆっくりと人影へと歩み寄る。そして気付くだろう。それが白骨死体だということを。大人と子供、二つの屍が転がっていた。』
白骨死体を見た場合、正気度ロール『1/1d3』
◎男性
手には銃と『Espero』と書かれたタグが握られている。こめかみに穴がある。
【アイディア】に成功すると、ずいぶんな軽装だと感じるだろう。
【医学】に成功すると、こめかみの穴は銃創だと分かる。右手に銃を手にしていたこと、銃創は右側頭が小さく、左側頭は大きいことから自殺だと思うだろう。
◎子供
傍にパンくずとパチンコがある。後頭部と顎に穴がある。
【アイディア】に成功すると、ずいぶんな軽装だと感じるだろう。パンくずとパチンコは狩猟などに使えるかもしれないと思う。
【医学】に成功すると、銃創から後頭部から顎にかけて、斜め上から撃たれたと分かる。
※パチンコ
投擲技能で使用可能。1R、基本射程15m、ダメージ1d3、耐久3、装弾は小石などで代用可能)

③ 公園

広々とした空間。花壇は荒れていて草木が生い茂り、錆びれた遊具が散在している。
屋根付きの簡素な休憩所があり、水と食料の確保すれば、宿をとるのに適していると思うだろう。
『君たちが歩いていると、やがて広々とした場所に辿り着いた。どうやら公園のようだ。花壇は荒れていて、アスファルトからは草木が生い茂っている。錆びれた遊具が散在し、ブランコが風に揺れ、キィキィと悲しげな声で鳴いていた。憩いの場としての存在理由を失って寂寞としたそこを、しかし虫や鳥たちは気にも留めず気ままに飛んでいる』

●イベント:狩猟

 パンくずとパチンコがあれば狩猟イベントとなる。3Rチャンスがある。
 【目星】で成功すると鳥を見つけることが出来、【投擲】に成功すると捕獲出来る。
 また、【忍び歩き】【隠れる】といった技能に成功すれば投擲にプラス補正をかけることが出来る。

●イベント:野宿

夜に野犬(1d3匹)に襲われる。【聞き耳】に成功すると襲われる前に野犬の存在に気付く。気付かない場合は、先制攻撃を受ける。
野犬を見て、正気度ロール『1・1d3』
『君たちが眠っていると、どこからか獣のうなり声、そして生臭い吐息を感じた。目覚めると目の前には血走った眼をした犬が獰猛な牙を光らせている』
※野犬
STR7、CON10、SIZ4、POW7、DEX13、耐久7
噛みつき30%(1d6-1d4)
野犬に襲われていると、1d3ターン後に一匹にロボットがやって来て、野犬を追い払う。
『君の首を噛まんと野犬が口を大きく開けて牙を向けた、その時だった。突然、カッと眩い光線が瞬き、犬の体を貫いた。一匹の犬が腹部から血を噴き出し、地面に倒れ込む。驚いた他の犬たちは、散り散りとなって逃げていく』

●イベント:ロボット

 探索者たちはロボットに助けられる。
【目星】に成功すると、丸い球体のそのロボットの体には『Espero』とある(エスペラント語で希望)こと、また、その機体の一部には破損の跡があると気づく。
ロボットはしばらく探索者たちの周りを回ると、まるでどこかに案内するかのようにコロコロと転がり始める。

④ 研究所:Espero

入り組んだ道を進み、ロボットについていくと、頑強な扉がある。『Espero』とある。
※男性が持っていたタグを扉にかざすと、中へ入ることが出来る。
 中に入ると、20mほどの広さ、そして5mはありそうな高い壁のホールが広がっている。また、奥にはエレベーターが並んでいる。ロボットが近づくと、エレベーターは一基だけ動き始める。
(ここからはエレベーター⇒塔⇒植物園⇒紙だらけの部屋⇒人間工場と一本道)

●塔(管制塔)

 エレベーターの上にある円形の部屋。様々な機械やモニターが並んでいる。壁には大きな窓があり、街を一望できる。
『どこかに直通しているらしいエレベーターが、高く高く上がっていく。やがて止まり、鈍い音をたてて扉が開いた。するとそこには、円形の空間が広がっていた。壁には大きな窓、そして様々な機械やモニターが並んでいる。地震でもあったのだろうか、機械たちは倒れ、或いは床に落ちて破片をまき散らしている。ひっそりと辺りは静まり返っていた』
この空間を調べると、“Vetero”と書かれたボタンがチカチカ光っているのを発見する。
ボタンを押すと、みるみるうちに街の気候が変化する。
しかし、街の気候が変化することに、探索者たちは“驚かない”。何故なら探索者たちは機械の設定によって気候が変化することに慣れているからだ。違和感を覚えるのはプレイヤーだけである。
空間の奥には扉がある。

●植物園

 扉を開けると、森のような植物園が広がっている。手入れされていない畑も見受けられる。草木は殆どが枯れてしまっている。奥には扉がある。
【植物学または地質学】に成功すると、植物や畑の栄養状態は悪く、やがて枯れていくだろうと分かる。

●紙だらけの部屋

 植物園を抜けると、図書館のような場所が広がっている。机には乱雑に紙の山が積まれている。棚にも乱雑に紙が敷き詰められている。図書館の奥には扉がある。
ここでは図書館技能を用いるか、時間をかけて『大戦の背景にあった邪神』『地下都市と地上への門』『クトゥルフについて』を知ることが出来る。

□大戦の背景にあった邪神

何者かの手記。かなり古びている。
『はじめはテロ撲滅を目的とした小さな戦争だった。先進国の力を合わせた鉄槌は海の向こうで展開された。我々にとっては、遠くの国で起こっている他人事に過ぎなかった。
ある日のことだ。テロ組織がある動画をネット配信した。邪神を復活させるという儀式をすると彼らは宣言したのだ。我々はそれを、狂信者の戯言だと一蹴した。しかし、それは戯言ではなかったのである。それ故に我々は、このように地下へと追いやられたのだ。
邪神の名前はクトゥルフといった。それは手先を従えて、大地を玉虫色に汚染しながら、人々を次々と虐殺した。国際連合軍は死力を尽くしているが、その勢力はじわじわと拡大している。我々は地下シェルターに逃げ込んだ。クトゥルフの猛威が収まるまで。巨大な地下都市だ。3つのコロニーを有している。だがそれでも、多くの人々を地上に残すこととなった。仕方ない、優秀な者が生き残らねば復興も出来まい』
裏側には筆跡の異なる走り書きがある。
『優秀な者? ただの金持ちだろう!』
※探索者たちがこの世界は地下都市であるということ、地上には邪神がいると知ったことで正気度ロール『1/1d3』

□地下都市と地上への門

 議事録のような冊子。かなり古びている。長いが、気になる文を見つけた。
『地上との連絡が途絶えた今、地上への門の管理は重要です』
『門は外部からの通信が得られた時に解放を検討すること』
『一部の人々が門を開けようとテロを起こしました。これは由々しきことです。このような思想がまた再燃しないよう、この都市が地下にあることは新世代には隠すべきでしょう。門については我々が把握していれば良いのだから』

□クトゥルフについて

 何者かの発言をまとめた手記。最も古びている。
『俺は見た。あの化物を。最初は島だと思った。それが島ではなく大きなカギ爪と気付いたときは何もかも遅かった。空母の前を先行していた軍艦が、まるで玩具のように捕まれ、投げ捨てられるのを見た。俺はその瞬間、戦闘機を旋回させた。逃げるためだ。勝ち目なんかないと思った。全速力で機体を飛ばしながら、俺は背後に光を感じた。大統領の名前を冠した原子力空母まで、あいつにとっては玩具だったんだ。
その夜からだ。悪夢を見るようになったのは。あいつは人に悪夢を見せるんだ。目が覚めた時には思い出せない、だが、あいつが見せる酷い悪夢だってことは分かった。
近づけば近づくほど、悪夢は長くなる。あいつが全世界を支配したら……きっと何もしなくとも人間は狂って死んでしまうだろうよ』

●人間工場

 扉を開けると、円柱の水槽が並ぶ空間がある。水槽の間には機械が敷き詰められている。
水の濁った、巨大な円柱の水槽がずらりと並んでおり、その中の水槽がふたつ空になっている。
ロボットがコロコロと転がって、あるモニターの前で立ち止まる。
【モニターを調べる】ボタンが幾つか並んでいる。適当に押すと、『何者かの罪の独白』の音声が流れる。更に調べると、コードが一本垂れさがっていることに気付く。

◎何者かの罪の告白

 どこからか音声が流れてくる。
『主よ。どうかお許しください。大崩落で人々が立ち去ってからもずっと、僕は門を守ってきました。たった一人、たった一人で、です。僕は死ぬわけにはいかないのです。ですから罪を、犯しました。僕は主から頂いたこの体を傷つけ、機械化しました。大きな罪です。そしてもう一つ、寂しかったのです。僕は。僕は孤独に、もう百年も続くこの孤独に、耐えられなかったのです。自身の肋骨からイブを作ったアダムのように。僕は、僕は罪を犯しました』

 ロボットを調べると端子がついている。それと機械を接続すると、どこからか音声が流れる。ロボットは罪の告白の主であり、地上への門の管理者であった。
『僕をここに導いてくれてありがとう。まさか人に会えるなんて、奇跡だ! 外に出た時に体を少し壊してしまって。ここは楽園だよ。良かったらここでずっと暮らさないか?』
 質問すると下のような回答を得る。
①ロボットについて
⇒門の管理者だ。昔は人間だったけど、色々あって機械の体の方が良くてね。だけど君たちは知らなくても良いことさ。
②地上について
⇒百年近く通信が途絶えている。だが、もしかしたら酷い有様かもしれない。邪神が巣くっているかもしれない。
③ スーパーの白骨死体について
⇒人間を作ったんだ。寂しくて。最初は一人だけ。その後にもう一人。でも、ある日、家出をしてね。理由は分からないけど……なぁ、自由より安全の方が大事だと思わないか。
④ 地上への門について
⇒君たちも興味があるのか? あぁ、子ども達も門をよく気にしていたんだ。開けてほしいって。でもね、開けるわけには行かないんだ……。この地下世界は、人類に残された最後の希望なんだ。

●結末

ロボットは、探索者たちに選択を迫る。共に暮らすか、どうかを。
◎共に暮らす
⇒平穏に生活をしていく。時折、探索者たちと同じような境遇の流浪人が街を訪れ、仲間になるだろう。ただし資源には限りがあり、大人になった探索者たちは、一部の人間を同じように街から追放するようになる。石を投げ追い出すのは、自分の子供かもしれない。
ED1:歴史は繰り返す

◎共に暮らさず、今まで通り地下世界で暮らす。

⇒探索者たちは新たな希望の土地を目指し、地下を進んでいくこととなる。しかし、資源は限られている。食料も水も得られない。
PLが一人である場合は、ある夜に突然何者かに襲われる、或いはドックミートに襲われ、ロスト。
複数である場合は、野宿中に仲間に襲われる。薄れゆく意識の中「もう、お前を食べるしかないだろ」と誰かの囁きが聞こえる。
ED2:朽ちる

◎地上への門を開く

⇒ロボットを説得または無力化し、地上の門を開ける。
【アイディア】で成功したら、100年近くたっても邪神が地下に来ないこと、クトゥルフの夢を人類が見ていないことを気付いても良い。
(実はクトゥルフは既に地上の人類の決死の作戦により、封印されている)
ロボットは僅かにでもクトゥルフがいる可能性を提示し、止めようとする。ロボットと戦うか、ロボットの【説得】または【言いくるめ】に成功すると最奥のエレベーターが稼働し、地上の門は開かれる。探索者たちの髪を突風がかき上げ、探索者は本物の“風”を感じる。そして生まれて初めて、本当の青空を見るだろう。
ED3:青空を仰ぐ旅人
クリア報酬:SAN回復1d10

※ロボット

STR3、SIZ2、POW12、DEX10、耐久5
回避30%、光線攻撃30%2d3
 ロボットを破壊すると、研究所にアラームが鳴り響き『緊急事態です。コアが破壊されました。門の永久閉鎖を試みる場合はコアの永久閉鎖ボタンを押してください。門の解除を行う場合は、緊急エレベーターの解除ボタンを押してください。』というアナウンスが響く。ロボットが二つに割れ、中から門を永久閉鎖するためのボタンが現れる。また、研究所の奥の緊急エレベーターが稼働する。そちらでボタンを押すと、地上へのエレベーターが開く。

3db5718f 90bb 4f60 9f4b e835fe27c284

クトゥルフ神話TRPGを主に「オンセンsns」さんでやっております。 基本的には物語の中身はシリアスだけど、救いのあるものが好きです。 宜しくお願い致します。