2020年07月28日更新

さよならを言いにきた-See you in Summer-

  • 難易度:★★|
  • 人数:3人~4人|
  • プレイ時間:3~4時間(ボイスセッション)

「さよならを言いにきた」タイトル統一シナリオ企画参加作品です。(https://twitter.com/lie00800_/status/1263074662998618112)
TRPG、ビーストバインド トリニティ(BBT)のシナリオです。
一部、サプリメント『アドヴェント』に含まれるルーツの設定を起用していますが、基本ルールブックのみで遊べます。特殊な舞台裏のイベントの他はシンプルなシナリオで、初心者の方にも。
お気軽に改変してお楽しみ下さい。またリプレイ等を公開する際はご一報下さい、めちゃくちゃ見たいです。
テキスト、立ち絵等を含むデータをBoothにて無料DLできます、ご利用下さい。

14

0

ストック

0

コメント

Boothダウンロードページ(無料)


街の灯からは少しだけ遠のいた
揺れる提灯と鮮やかな人の群れ
蜻蛉玉のかんざしが光る、ヒグラシ混じりの囁き声
「あのね、今日は…―――」
 
ビーストバインドトリニティ
『さよならを言いにきた-See you in Summer-』
 
心焦がすは魔の渇望
心繋ぐは人の絆
 
言葉は始まり、そして終わり。


PC1

キミは近所の神社で催されている夏祭りに遊びに来た。
『風渡 カナタ(カザト カナタ)』もまた、この近隣に暮らすキミの友人だ。
キミは鳥居の横にある大きなクスノキの下で、カナタと待ち合わせをしている。
最近、カナタは少し元気がない。祭りを楽しんでくれるといいが。
シナリオ絆:風渡 カナタ(推奨:友情など)
SA:夏祭りを楽しい思い出にする
(※カナタの年齢/性別はキャラクターに応じて変更して構わないが、高校生以下の年齢を推奨する)

PC2

キミは夏祭りの会場警備を頼まれた。
というのも、会場である神社付近で祭りの準備中、怪異のしわざと思しき現象が頻発したらしいのだ。
恐らく大事には至らないだろうが、多くの人が集まる場所での事件や事故は避けたい。
…ところで、前借り報酬として貰ったこの大量の福引券どうしよう。
シナリオ絆:神社の怪異(推奨:好奇心など)
SA:夏祭りに訪れた人々が安全に帰れるようにする

PC3

キミはチョコバナナ屋だ。夏祭りの屋台でチョコバナナを売っている。
キミのチョコバナナは非常に評判がよく、行列が途切れず非常に忙しい。
それでもチョコバナナを頬張る人々の笑顔のため、キミはよく働いていた。
そろそろバナナがなくなりそうだ、補充のトラックが鳥居の側に着いたらしい。受け取りにいかなければ。
シナリオ絆:チョコバナナに関わる全ての人々(推奨:慈愛など)
SA:祭りの最後までチョコバナナを絶やさない
(※何を売るかはキャラクターに応じて変更して構わないが、売れ行きは好調なものとする)

PC4

キミは夏祭りの運営を手伝っているスタッフだ。祭りの準備は概ね滞りないようだが、周囲は落ち着かない様子だ。
話を聞くと、心霊現象のようなものが多発しているという。事故や怪我には至らないものの、この人混みで何か起きては大変だ。
キミは休憩時間に会場内を軽く見回ってみることにした。
シナリオ絆:夏祭り運営スタッフ(推奨:同志など)
SA:祭りの最後に花火を上げる
 
※PC2とPC4はお互いに顔見知りである事を推奨する
※PL3名で遊ぶ場合、PC4を省略すること


オープニングフェイズ

●シーン1-01 夏への誘い

シーンプレイヤー:PC1

◆解説
カナタに夏祭りへ誘われる。場所は任意で構わない。迷うようであれば近所のカフェとする。

▼描写1
風渡カナタはキミの大切な友人だ。
蒸し暑さの続くある日、カナタはふいに夏祭りの話題を持ちかける。

▼セリフ:カナタ
ねえ、PC1。今度のお祭り一緒に行かない?
あのお祭り、大好きなんだぁ…毎年、夏が来たなぁって感じがして
リンゴ飴と、わたあめ、あとチョコバナナが食べたい!ね、楽しみだね!

(元気がない事を指摘される)
え、あぁ、そうかな?ちょっと夏バテ気味なのかも

◆結末
シナリオ絆とSAを再確認し、シーンを終了する。


●シーン1-02 怪異の影と福引券

シーンプレイヤー:PC2

◆解説
依頼主から夏祭りの会場警備を依頼され、ついでに大量の福引券を渡される。
依頼主はシナリオに直接関わらないためキャラクターに応じて変更して構わないが、迷うようであればルーナンまたは死霊課からの依頼とする。
なお『福引券』は特殊な財産点として扱う。詳細は後述。

▼描写1
キミは夏祭りの会場を警備するという仕事を受ける事になった。
どうやら祭りの会場付近で怪異のしわざと思われる現象が頻発し、関係者が不安に思っているのだという。
会場は歴史の古い神社だ、用心するに越したことはないだろう。

(PC2のリアクションを促す。特になくても構わない)

▼描写2
次の仕事に思いを馳せるキミに、依頼主が再び声を掛けてくる。
その手には何やら大きい袋が握られていた。

▼セリフ:依頼主
そうだ、PC2さん!忘れてました!はい、コレ!
例の祭りの福引券です!内職で作ってたんですけど、配るのが結構大変で…
依頼ついでにPC2さん、配っておいて下さい!話し掛けるキッカケになるでしょ?ねっ?まぁ前借り報酬って事で!

■福引券について■
10点分の特殊な財産点として扱います。自身で使用する場合は通常通りの財産点ですが
他のPCに渡した場合、受け取ったPCは「[福引券の枚数]D6点」の財産点を得ます。
またミドル戦闘手前の舞台裏にて財産点を使うイベント『福引大会』が発生します。

◆結末
福引券と福引大会について全てのプレイヤーが理解した事を確認後、
PC2のシナリオ絆とSAを忘れていないか再確認し、シーンを終了する。


●シーン1-03 チョコバナナの野望

シーンプレイヤー:PC3

◆解説
チョコバナナへの情熱

▼描写1
キミはチョコバナナの仕込みをしている。来たる次の週末は夏祭り、まだ見ぬ客がキミのチョコバナナを待っているのだ。

(PC3にチョコバナナ屋の志望動機を語ってもらう)
(できれば他のPLにもチョコバナナ屋に声援を送ってもらう)

◆結末
チョコバナナが食べたくなってきたらシーンを終了する。
PC3のシナリオ絆とSAも一応確認しておくこと。


●シーン1-04 特別な花火

◆解説
NPCのスタッフと祭りの準備をするシーン。スタッフはアンノウンマンだが、ノウンマンや半魔としても構わない。
また花火の形は仮に「母子像のユルキャラ:ボシ子サン」型としているが、GMまたはPCの好みの形に変更しても構わない。
心霊現象が「祭りを妨害しようとしているわけではない」旨はRP次第でそれとなく知らせてもよいが、情報項目に含まれるため明言はしないこと。

▼描写1
いよいよ今週末、キミの手伝ってきた夏祭りの本番だ。天気にも恵まれるようでスタッフも皆ワクワクしている。

▼セリフ:祭りのスタッフ
PC4さん、いよいよ今週末ですね~!今年の花火はなんと「母子像のユルキャラ:ボシ子サン」型のやつがあるんですよ!絶対盛り上がりますよ!
あっでも聞きました?心霊現象のウワサ…スタッフの間でもマイクテスト中に子供の笑い声が入ったりとか、これぐらい(腰下ぐらいに手を当てる)の大きさの人影?みたいなやつを見かけたとか
怖い話苦手なんで勘弁してほしいですよ~

(心霊現象?について詳しく聞かれた場合)
うーん、よく分からないんですけど…でもなんか悪意というか、祟ってる感じはしないので良いんじゃないですかね?
あんまり怖がらせないでくださいよ~

◆結末
PC4のシナリオ絆とSAを確認し、シーンを終了する。


ミドルフェイズ

●シーン2 クスノキの下に

シーンプレイヤー:PC1

◆解説
合流シーンを想定。PC1とPC4、PC2とPC3になるべく会話をしてもらうように。
P絆を確認すること。なおこの時点でPC間が友好的でなくても構わない。
またシーン開始時点が祭りの当日のため、PLに前日までにやっておきたい事がないか確認し適宜対応する事が望ましい。

▼描写1
祭りの日がやってきた。PC1はカナタに指定された通り、クスノキの下で待っている。
そこに丁度、警備をしているPC2に誘導されながらバナナを積んだトラックが到着し、休憩中のPC4が様子を見に訪れていた。

▼セリフ:バナナトラックおじさん
フレッシュおいしいバナーナ!そのままウマイが、チョコレートでアンビリバボーウマイ!
オー!マイビジネスベストフレンドPC3!PC3~!

(PC2、PC3にリアクションを促す)

▼描写2
人混みの中、PC4を避けようとした、目の前の人がよろけて倒れそうになる。

(その人は風渡カナタである。PC4にリアクションを促す、できれば助けてもらう)

▼セリフ:カナタ
わっ!ごめんなさい!
私は大丈夫です…ありがとうございます

(PC1にリアクションを促す)

▼描写3
カナタは着慣れない浴衣のため、少し動きがぎこちないようだ。
境内に入る前に挨拶をするのだと、カナタはクスノキの幹に手を当てて目を閉じる。
ここを通る時にはいつも、こうしてクスノキに挨拶をしているのだという。

◆結末
絆獲得を促し、シーンを終了する。


●シーン3 祭りの賑わい

シーンプレイヤー:PC2

◆解説
情報収集シーン。場所は祭りの会場である、神社の境内を想定。
PC2に福引券を他PCへ渡すよう促すこと。福引券の処理は忘れないようすぐ行うように。
またPC2とPC4がまだ接触していない場合、なるべく接触するように促すこと。

シーン開始時点で公開されている情報項目は以下の2つ:
・怪異の影 難易度8/12
・風渡カナタ 難易度10/15 ※カナタと会話後に調査可能

●怪異の影 8/12

8
祭りの関係者に限らず、奇妙な現象が多発しているようだ。
ただしどれも怪我人が出たり、祭りを妨害するようなものではない。
12
倒れたカラーコーンを元に戻す、迷子の子供を案内所に誘導する、など、寧ろ祭りの運営を助けているようだ。
害のないイタズラだろうか?それにしては、何だか嫌な予感がする…
→情報項目「●クスノキ」を開示

●風渡カナタ 10/15

10
アンノウンマン。この近所に幼い頃から住んでおり、この神社にもよく訪れている。
15
家族の都合で遠くに引っ越す事になったのだが、まだ誰にも打ち明けられていない。
今日は大好きな夏祭りを、もしかしたら最後かもしれないと思いながら楽しむ事にした。
お祭りの楽しい雰囲気にまぎれてなら、PC1にもきっと伝えられるだろうと…。

●クスノキ 10/15

10
御神木とされる大きな木。樹齢はよくわかっていないが神社よりも古いようだ。
もし倒れると周囲の建物を破壊してしまうだろうが、枝葉は青々と茂っている。倒れる心配はあまり無さそうだ。
15
この神社はセレスチャルの一種「森の乙女」を祀る社で、クスノキは彼女の依代である「兄弟の樹」だ。
即ち神社は森の乙女のドミニオンであり、怪異はそれらの眷属だろう。彼女が倒れるとクスノキが倒れ、非常に危険だ。
ドミネーターと戦闘をする場合、ドミネーターの真の死を回避する必要がある。

◆結末
クスノキ:15の情報を獲得後、他にPCが希望する行動がなければシーンを終了する。
以降お祭りを堪能する事が難しくなるので、屋台で遊ぶ等の用事もなるべく済ませてもらうこと。

●【舞台裏イベント】!!福引大会!!

◆解説
「財産点3点分」を使用し、アイテムをランダムで獲得できる。みんなだいすきなガチャだよ!!
2D6の結果で獲得するアイテムを決定する。アイテムラインナップは先にPLへ公開してもよい。
またこのシナリオでは以降、情報判定が発生しない旨も伝えてよい。
なおアイテム名称・効果についてはGMの判断で任意に変更して構わない。

(2)【チョコバナナ:スイートチョコ】 使い捨て/射程:至近。FP2D6回復
(3)【チョコバナナ:ホワイトチョコ】 使い捨て/射程:至近。FP3D6回復
(4)【チョコバナナ:いちごチョコ】 使い捨て/射程:至近。FP4D6回復
(5)【チョコバナナ:レインボーチョコ】 使い捨て/射程:至近。FP5D6回復
(6)【焼き鳥:塩】 使い捨て/射程:至近。対象単体の回数制限のあるアーツの使用可能回数+1
(7)【焼き鳥:タレ】 使い捨て/射程:至近。対象単体を未行動にする。
(8)【ヨーヨー風船】 使い捨て/射程:至近。対象単体の次に使用するアーツの射程を「遠隔」に変更
(9)【ふくらむ剣】 所持しているキャラクターのガード値+2
(10)【光る剣】 使い捨て/射程:至近。対象単体が行う直後の命中判定に+1D6
(11)【バイク】 基本ルールブックP176の乗り物「バイク」を獲得
(12)【「母子像のユルキャラ:ボシ子サン」プレミアムぬいぐるみ】 任意のタイミングで一度だけ【愛】2点分を獲得できる


●シーン4 あの子が欲しい

マスターシーン

◆解説
カナタがPC達とはぐれるシーン。もしPC達のいずれかが手をつないでいるなどカナタから一切離れる事がない場合は
難易度20の【社会】判定を行い、成功した場合のみこのシーンに登場できる。

▼描写1
ふと気が付けば、人混みに押し流されてしまったらしく、キミ達はカナタを見失っていた。
一方でカナタもまたキミ達を見失い、不安げに辺りを見回していた。

▼セリフ:カナタ
あれ…?PC1、どこ…?

人混みの中、お面を被った子供がカナタに歩み寄る。子供はカナタの袖を掴み、神社の本堂へ向けてぐいと強く引っ張る。
カナタが驚きつつも抵抗すると、同じようなお面を被った子供たちがあちらこちらから湧き出るように現れ、担がれるように運ばれてゆく。

◆結末
このシーンでカナタを助ける行動は一切許可しないこと、PCらが反応できるのは次のシーンからとなる。
もしこのシーンに登場できていたPCがいた場合は、無数の子供に群がられ動きが取れなかったものとして処理する。


●シーン5 とおせんぼ

戦闘シーン

◆解説
ミドル戦闘を行う。もし前のシーンに登場しているPCがいた場合、該当のPCは
【1】エネミーにエンゲージしている状態
【2】最初のラウンドのみ、行動値に+1D6
【3】通常通り
いずれかの状態を選択して戦闘を開始することができる。
他のPCはエネミーとエンゲージしていない状態で戦闘を開始する。
 
▼描写1
キミ達は本堂の方に連れ去られてゆくカナタを見つける。そして気づけば、キミ達は既にお面を被った子供…のようなもの達に取り囲まれていた。
戦って突破する他ないようだ。戦闘を行う。
 
【ミドル戦闘】
エネミーはクラード3体、データはシナリオ末尾に記載。
 
◆結末
PCらがエネミーを全て倒すとシーン終了。


●シーン6 根を張る者

◆解説
クライマックス手前のシーン。堕落判定を含むため、既にPCの人間性が下がりすぎている場合等は省略しても構わない。
ドミネーターを邪悪すぎる描写にしないよう注意。ドミネーターの名称は必要な場合「ミナミ」とする。

▼描写1
いつの間にか辺りは静まり返っており、人混みはどこにも見当たらない。
風もないのに祭りの提灯だけがゆらゆらと揺れ続ける異様な空間に、キミ達はドミネーターの存在を感じる。
【堕落判定】
 
暗闇の中から下駄の音を鳴らし、カナタと同じくらいの背格好をした少女が現れる。

▼セリフ:少女(ドミネーター)
どうして人間は地に根を張らないのだろう、育った土が一番なのに
そう、ここにいる方が幸せなんだ、どこにも行かないほうがいい

(カナタの事を問われた場合)
あの子は私がもらった、ずっとここにいる、その方がいい
 
◆結末
PCらが返答をするとシーン終了。クライマックスに移行する。


クライマックスフェイズ

●シーン7 夜の音

◆解説
クライマックス戦闘を行う。既に獲得した情報にも含まれていたが、ドミネーターが「真の死」となった場合
PC全員のSAが達成されない。PLにもドミネーターに「真の死」を与えると不利益がある旨を再度知らせておくように。
 
【クライマックス戦闘】
ドミネーター1体、クラード2体。データはシナリオ末尾に記載。

◆結末
戦闘が終了すあるとシーンを終了する。エンディングに移行する。
ドミネーターが「真の死」となっている場合全員のSAは不達成、そうでない場合は達成とする。


●【ドミネーターが「真の死」となった場合】 死にゆくは夏

以下の描写を読み上げ、アフタープレイに移行する。
 
全ての光が潰え、真っ暗になった世界に大きな音と無数の悲鳴が響く。
気がつくとキミ達は混乱する人混みの中にいた。神社の入り口にあった大きな御神木が2つに裂け、倒れている。
あちこちで煙が上がり、嫌なにおいが漂っている。怪我人もいるようだ、助けを求める声、子供の泣く声が無数に聞こえる。
遠くから聞こえてくる救急車のサイレン。楽しい夢が悪い夢に転じるのは、いつだって一瞬のことだ。
キミ達は成すべき事を成しただろう。きっとこれ以上の結末は望めなかったのだ。
 
PC1はカナタとはぐれたまま、家路につく他なかった。
その後無事を知るものの、遠くに引っ越すのだとそっけない文面で伝えられ、以後会うことは叶わなかった。
次はいつか会えるだろうか、いや、会ってくれるだろうか…
じっとりと染み付く暑さが、肌をひりひりと刺す。夏が、夏が死んでゆく。


エンディングフェイズ

●シーン8 さよならを言いにきた

 
◆解説
本シナリオには個別のエンディングを設けていない。
PLの希望がある場合可能な限り応じてエンディング演出を行うこと。
なおカナタはアンノウンマンのままとして扱う。
 
▼描写1
カラカラと神社の鈴が鳴っている。音の方向を見ると、カナタが賽銭箱の前で手を合わせている。
▼セリフ:カナタ
かみさま、遠くにいくことになりました、ずっと見守ってくださって、本当にありがとうございました。
もちろんここは大好きで、このお祭りが一年で一番楽しみなことだから、また絶対に遊びに来ます!
遠くに行っていっぱい思い出を作っても、ここの思い出を大事に、大切にします。約束します。
だから、だから最後に…PC1にさよならを言う勇気をください…

▼描写2
いつの間にか辺りは元の祭り会場、人々は屋台の食べ物やおもちゃを手に笑いあっている。
キミ達を見つけたカナタが笑って手を振り、駆け寄ってくる。

▼セリフ:カナタ
よかった~迷子になっちゃったかと思った!かみさまにご挨拶してたとこだったから、かみさまが連れてきてくれたのかな!あはは!
…あのね、PC1……今日は、言わなきゃいけない事があって…
………

▼描写3
カナタはうつむいて黙り込む。
こんなに賑やかなのに、ざわざわと、木の枝が揺れる音がする。カナタは声を震わせながら、顔を上げる。

▼セリフ:カナタ
引っ越すことになったんだ、結構、遠いところに…!
寂しいけど…その…ちゃんと言わなきゃいけないと思って、だから、今日は
さよならを、言いにきたんだ
あっ、でもね、勿論会いに来るよ!このお祭りが大好きだから!さっきかみさまと約束もしたし!
ねえ、来年またこのお祭りに、一緒に来ない?
 
(PCの反応を待つ)
(PC3にチョコバナナ屋の本業に戻らなくていいか尋ねておく)

▼描写4
場内アナウンスが、花火が上がることを伝える。
誰もが嬉しそうに夜空を見上げる。大きな音と光に、歓声が上がる。
夏が、夏が終わりゆく。けれどまた、季節が巡れば訪れる、だから。
さよなら、またね。
 
ビーストバインドトリニティ
『さよならを言いにきた』
 
心焦がすは魔の渇望
心繋ぐは人の絆


エネミーデータ

●お面の子供

森の乙女の眷属である、精霊の一種。あまり言葉を発さない。
身長は30cm~150cm程度。人間の子供の姿に化けている。

■ステータス
種別:精霊 (クラード)
【FP】46
【肉体】5/2【技術】3/1【感情】9/4
【加護】7/3【社会】4/2
【白兵】9【射撃】8【回避】5
【行動】8【アーマー】4【ガード】6

■通常攻撃
かごめかごめ(白兵・対象:範囲・射程:至近)
判定:9 <肉体>8+2D6

■アーツ
《BS攻撃<束縛>》
タイミング:常時
攻撃によってダメージを与えるとBS追加

《ターゲッティング》
タイミング:マイナー
自身の命中判定の達成値+2

●ドミネーター 森の乙女

古い神社に祀られている森の乙女。御神木のクスノキは彼女の「兄弟の樹」であり、彼女が倒れると樹もまた倒れ、逆もまた然り。人々に害を与える事はほとんどない大人しい魔物だが、彼
女のみならずクスノキにも親しく話し掛けてくれたカナタが去ってしまう事を悲しみ、引き留めようとしてしまった。
人間に化けて現れる際はミナミと名乗っている。

■ステータス
種別:神聖
【FP】180
【肉体】10/5【技術】10/5【感情】20/10
【加護】20/10【社会】15/7
【白兵】20【射撃】14【回避】7
【行動】22【アーマー】10【ガード】12

■通常攻撃
神樹の舞い(射撃・対象:範囲・射程:シーン)判定:14 <加護>42+3D6

■アーツ
《BS攻撃<重圧>》
タイミング:常時
攻撃によってダメージを与えるとBS追加
《追撃能力2》
BSを受けている相手に与えるダメージを+2D6

■ドミニオンアーツ
《世界律:召喚》(1回)
未行動のエネミーを出現させる

《世界律:不変》
FP-5でBSを回復

《世界律:絶望》(1回)
攻撃のダメージ+30 アーマー/ガード値0

《世界律:超越》(1回)
達成値+20


これらデータは控えめな構成になっているため、PCのアーツ構成などを鑑みて適宜調整すること。
なお《世界率:不滅》についてはシナリオの都合上推奨しないが、真の死を回避する手段が十分にある場合はこれを追加することを検討してもよい。

あとがき

2020年、疫病の蔓延により夏祭りのない夏が訪れてしまった…
かなしい、作者の一番好きな季節の一番賑やかなイベントがないなんて…あまりにもさみしいので夏祭りのシナリオを書いた次第である。願わくば楽しいお祭りの季節が、またやってきますように。
2020年7月 佐藤絲音

638c3e22 6718 401b 9a3b 218d91666ef2

ビーストバインドトリニティが大好き。絵も描く。うちのこクソウエットツイ廃。

https://twitter.com/satouxion

Post Comment

ログインするとコメントできます。