2020年02月19日更新

ラズベリー・ソーダ

  • 難易度:★|
  • 人数:2人~3人|
  • プレイ時間:2~3時間(ボイスセッション)

ソーダの泡が、ぱちり、と弾けて消えた。
グラスには、とろとろと酒が注がれている。
「本日の〝日替わりカクテル〟は、甘酸っぱいラズベリー・ソーダにございます。」

◇キャンペーンシナリオ〝cocktail〟一杯目◇

491

2

ストック

0

コメント

このシナリオについて

・PCの皆さんが、少し変わったお伽話の登場人物を演じて進めていく、そんな感じのキャンペーンです
・客の要望通りのカクテルが作れればシナリオクリアです。
(例:客の要望はカシスオレンジ、カシスリキュールとオレンジジュースが結ばれる事でクリア)

…とか言ってみましたが、別にどうやっても強制全員生還シナリオクリアとなります。
ロールやPvPのチュートリアルとかでなければつまらないと思います。


PL事前情報

PC1
⚪︎貴方は、人殺しの人狼王子です。
満月の夜に、鋭い牙と爪をあらわにします。
⚪︎苗字が必要な場合はエクアリテイと名乗ってください。
⚪︎可愛い子が好きです。
⚪︎APPに、18を最大値とした上で、0〜5の好きな数を上乗せして下さい。
PC2
⚪︎貴方は、報われぬ人魚の姫です。
⚪︎苗字が必要な場合はシャルヴィシオンと名乗ってください。
⚪︎どうにかして王子様と結ばれたいです。
⚪︎APPに、18を最大値とした上で、0〜5の好きな数を上乗せしてください。
PC3またはNPC
⚪︎貴方は、一見するとどこにでもいるような村娘です。ですが本性は、王子を我が物にせんとする、強欲の化け物です。
⚪︎KPに宣言する事で、化け物の姿になる事ができます。
化け物になると、STR、CONにプラス5の補正が入り、周囲の人間にSANCが入ります。
また、朝日を浴びるまで元の姿には戻れません。
⚪︎苗字が必要な場合はグリードと名乗ってください。


導入

「ある深い海の底に、美しい人魚の姉妹がおりました。
この人魚達はみな、お姫様なのでした。中でも、姉妹の一番下の姫は、とくに美しいのでございました。
ある日、海の上を、一艘の船が通りました。しかし、海上は、それはひどい嵐の真っ只中でありました。
下の姫が海の中を泳いでいると、人間の王子が沈んでゆくのが見えました。
姫は、嵐が止む頃、王子を陸まで連れて行ってやりました。
やがて、一人の村娘が王子を見つけ、助けてます。王子は、自分の命を救ってくれたのは、この村娘なのだと思ったのでございました。。
姫は海の底へ帰ります。
いつしか姫は、王子に焦がれるあまり、人間になりたい、と思うようになりました。
そして、何か授けてはもらえないか、と、魔女のあばあさんの所に行きます。すると、姫の声と引き換えに、人間の足を手に入れる事のできる薬をくれると言うのです。
姫は、喜んでおばあさんに声をあげました。
そして、薬を貰った姫は陸のほうへ行き、薬を飲みます。
そうしますと、姫の尻尾は、たちまちに人間の足になるのでありました。
そんな姫を、王子は見つけます。
王子は姫を、大層気に入りました。
そのうちに、王子は結婚することになりました。姫は、おばあさんに、王子と結ばれなければ、泡になって死んでしまう、と言われていることを思い出します。
王子の結婚相手は、前に王子を助けた村娘なのでした。
結婚式は船上で行われることになりましたので、花嫁、花婿に、姫も、船に乗り込みます。
2人を祝うパーティーは、夜通し行われました。
もうすぐ日が昇るであろう頃、姫の姉妹が海から顔を出します。
人魚達は姫にナイフを差し出し、日が昇れば貴方は死んでしまう、これで王子を刺せば貴方は助かると言います。
ですが、姫は、王子を刺せませんでした。
そうして日は昇り、姫は泡となって消えてしまうのでございました。」
「お客様は、ラズベリー・ソーダをご所望です。」
▽(知識ロール/成功で、ラズベリー・ソーダとはラズベリーリキュールをソーダで割ったカクテルの名前だと分かる。場合によっては、レモンを添える事を教えても可)


王子

PC1が、ふっかふかのベッドで目を覚まします。
綺麗で高級そうな家具が、場所を持て余し立ち並ぶ部屋です。
PC1自身も、白くて綺麗なローブを身に纏っています。
部屋には、ベッドとテーブルとクローゼットとドアは最低限置いてあってください。あとはあってもなくても、おそらく進行に影響はないです。
テーブルの上にはグラスが置いてあり、中に真っ赤な液体が入っています。ラズベリーシロップです。
クローゼットの中には、煌びやかな服が幾つか入っています。
目星成功で、服には血が付いていて、それが上手く隠されていることが分かります。SANC0/1

軽く部屋の探索をしていると、ドアが開いて、お仕えの人と思わしき人が出てきます。
「PC1様、お目覚めになられましたか。ああ、お誕生日おめでとうございます。王子も、また1つご立派になられまして、喜ばしい限りです。
パーティの船の出航時刻は、およそ3時間後です。準備しておいてくださいね。」
とか言って部屋を出ます。
必要な物があったりすれば、城内を探索してもらって構いません。大抵のものはあります。
1つの行動は30分を基本としてください。
行動を全て終えたら、船に乗り込みます。
一同は楽しくパーティをしています。すると段々に雲行きが怪しくなり、嵐が来ます。
王子は船から振り落とされ、海に沈みます。
一旦次に移ります。

人魚の姫

PC2は、水の中で、姉妹に起こされ目を覚まします。
PC2の下半身は魚になっています。
部屋には、まあ必要なものを置いておいてくれればいいです。
ひらひらと外で泳いでもらってください。そうしたら、王子が落ちてくるので、助けてください。
陸に持ち上げると、向こうから村娘が現れます。
村娘は王子を助けてください。


PC2は、人魚らしく王子に焦がれ、やがて魔女の元へ向かいます。
ですが、一筋縄ではいきません。
なぜなら、魔女の家への道には、魔女が退屈しのぎに作ったキメラが大量にいるからです。キモい。SANC0/1d2
ついでに、そいつはPC2に襲いかかってきます。戦闘です。

おぞましい合成獣らしきもの×1と×3と×5
STR5 CON5 SIZ15 EDU4 DBなし HP10
薙ぐ/40 1d5 絡みつく/50 攻撃成功率20上昇
噛み付く/30 蠢く/何もなし 皮が落ちる/被ダメ3上昇

これをころころ繰り返す。
勝てば、襲いかかってくる分のキメラはみんな崩れていなくなる。
勝てずとも、PC2のHPが3切ったあたりで魔女が出てくるから大丈夫。

魔女の家に着くと、魔女はPC2の傷を心配して、治してくれる。
PC2が人の足が欲しいと言えば、魔女は、声をくれるなら人の足が手に入る薬をやると言います。貰ってください。
「いいね?PC2、王子と結ばれなければ、貴方は、ふわふわと泡になって、何の刺激も残さず消えてしまうから。頑張って。
嗚呼、それから、どうか砂糖水には気をつけて、紅茶にレモンが落ちるまでに。」
貰うと、PC2は喋れなく、PL2は喋ってはならなくなります。喋ったらしばいていいと思います。


陸で PC2が人の足を手に入れ、人に近しいものになると、SANC1/1d4が入ります。
それを PC1が見つけます。
PC1はPC2を城に招いてください。
そうしたら、PC2は PC1に気に入られるような事をしてください。PL1は、後でこっそりどれくらい良かったか教えてください。


やがて2人は仲良くなります。
そのうちに、 PC1は、婚姻の話を持ちかけられます。
仕えの人は、王子を助けた村娘が良いと良います。
PC1の要望で、どっちでもいいですけど、結婚するという話になります。
そのうち結婚パーリィするので船に乗り込みます。
(パーティ当日は満月の夜となります。
室内に隠れ続けでもしなければ牙と爪で戦えちゃったりしちまいます)
王子が村娘と結婚するならば、PC2は PC1を殺すことになります。
海から顔を出した、髪のない姉妹はナイフを差し出し、これで王子を刺すよう言います。

◆刺せない→なりそこないソーダend
結局、殺すなんてできやしなかった。物語をなぞった。ソーダの泡が弾けた。誰かの涙がこぼれた。どうでもよかった。
水の泡は、ふわりと弾けて消えた。
◆刺す→透明では分からないend
姫は王子を刺した。生き残った。目の前で赤い液体が飛び散った。甘酸っぱい匂いがした、気がした。
◆みんな刺す→甘くないベリーシロップend
居なくなった。居なくなった。
ここまでしろと誰が言った?誰も言っていない。なら、なぜ?そうしたかったから?
答えるヒトはもういない。
◆生き残りなし→品切れend
無音が響く。
朝日は昇る。
さようなら。

奇襲なんかなら楽に刺せますし、pvpでも構いません。

姫と結婚すると言う場合、村娘は、姫を殺してでも阻止していいです。

◆殺す→飽きるほどに甘いend
ああ、これで邪魔者はいない。
邪魔な魚は消え失せた。
美しい王子は私の物、と。
貴方は役を演じきった。
◆返り討ち又は殺さない→飲みきれないend
どうしてここまで来て、て?つまらない。
つまらない。
けれど、注文上はそれが正解!テイクミス?
もう少し面白くなると思った。まあ、いいでしょう?

また、誰とも婚約せず、姫と娘が仲良くなる場合、ラズベリー・ソーダ甘さ強めendとなります。
◆全て平和に終わった。
国の未来だとか、今までの努力だとかを、ぜんぶまとめて、シェイカーに入れて、混ぜて溶かして、見えなくして。
ハッピーエンド。


(どのエンドでもここに来てください)
「さて、物語はひと段落。お客様は、カクテルを作るのがお下手なようで、随分と…いいえ、何でも。
我々はいつでもここにおります故、お気が向きましたら、またおいで下さい。」


クリアボーナス

シナリオクリア 1d6
飲みきれないend 1d6
ラズベリー・ソーダ甘さ強めend 1d10
その他 1d4
誰かを殺した場合、殺害人数×1d2
の回復


あとがきというか言い訳

今回は、こんなガバガバシナリオにお目通しいただきありがとうございます。
このシナリオは、私がセッションする際のシナリオのメモ程度のものです。
そのままの使用は全力でお勧めしません。
なんとなく、童話×カクテルがやりたかっただけです。
キャンペーンですので、気がむいたら、続きを作り投稿することもあるかと思われますすみません。

6fa4c1d0 b231 4834 a592 474d40180f9d

Post Comment

ログインするとコメントできます。