2018年11月01日更新

【10分CoC】果てなき花畑

  • 難易度:★★|
  • 人数:1人~1人|
  • プレイ時間:1時間(テキストセッション)

※GM1人PL1人で、さくっと遊ぶことが想定されています。
 
気が付くと、ラベンダーの花畑の中に立っていた。
目の前には白いワンピース姿の美しい女性が立っていて、あなたを愛おし気に見つめている。
「……私の、恋人」
 
探索者は見知らぬ女性から「恋人」と呼ばれ、執着されることになります。
彼女の正体、本当の目的を暴いたとき、探索者はどのような決断をするのでしょうか。
 
※マスタリングしやすくバッドエンドにもなりにくい、優しい印象のシナリオです。
※女性探索者の場合、「彼女」は男性になります。

5192

40

ストック

2

コメント

■導入

気が付くと、ラベンダーの花畑の中に立っていた。
傍らには、小さなログハウス。
目の前には白いワンピース姿の美しい女性が立っていて、あなたを愛おし気に見つめている。
「あなたの名前を教えて」
あなたが答えると、胸の前で指を組み、嬉しそうに口の中でその名を繰り返す。
「……私の、恋人の名前」

あなたが、ここはどこか、恋人とはどういうことか等質問しようとする前に、彼女はスカートをひるがえして走り出し
「ねえ、かくれんぼしましょう! はじめはあなたが鬼!
目を閉じて20数えてから探すのよ、絶対よ!」
……と笑いながら言い、花畑の中に消えていってしまう。

※これは探索者が男性の場合の導入です。
 女性探索者の場合は彼女を男性に変えてください。
 以降、男性探索者前提でNPCを「彼女」に統一します(ごめんなさい)。
※可能なら、シナリオ開始前に好みのタイプなどをさりげなく聞いておき
 このNPCのRPに役立ててください。
 このNPCは、好感度を得たほうがよりスムーズにシナリオが進みます。

あらすじ&真相

探索者は以前、偶然車いすの少女を交通事故から守りました。
彼女は12歳ほどで、病気によってやつれ、生きる気力を失っていました。
彼女の最後の願いは「あの助けてくれた王子様と遊んで、そして殺してもらいたい。病気に殺されるなんて嫌」です。
そうして、探索者は彼女の強い願いにより、彼女の夢の中に招待されることになります。
夢の中の彼女は、彼女が思い描く理想のお姫様です!
彼女は、探索者が自分を殺してくれることを望んでいます。
探索者はそれを見破ることができるでしょうか?

そして、その悲しい願いを、どう受け止めるのでしょうか?


■■■夢の世界①

探索者がいくら探しても、「彼女」は見つかりません。
また、花畑を脱出しようとしても、それは叶いません。
いくら歩いてもそこには果てしない花畑が広がるだけで、歩けど歩けど花畑から抜け出すことはできません。
もし花畑に対し【アイデア】【図書館】等が行われ、成功した場合
この花畑はループしていて脱出できない旨と、ラベンダーの花言葉は「あなたを待っています」「沈黙」であることを伝えてください。
 
逆に、ログハウス位置に戻ってこようと思えば一瞬です。
 
ログハウス内は簡素なワンルームで、中央には机が据えられています。
机には引き出しがあり、中にはメモとナイフが入っています。
メモの内容は判定なしで読むことができます。
「この永遠の夢から抜け出すには、彼女を殺すしかない」
 
ここまで調べると、背後に彼女が立っていることに気づきます。
「どうしたの……? なかなか探しに来てくれないから、来ちゃったわ」
 
探索者は、ここで目が覚めます。
美しい「彼女」の微笑みに底知れぬ闇を感じ、1d4/1d6のSANcです。
 
 

■■■現実世界①

時計を見ると夕方まで寝ていました。
また、眠気が酷いです。
この限られた情報では、探索者は何が起こっているか把握できていないことと思われます。
可能な行動は以下です。それ以外の判定では有用な情報を得ることはできません。
また、探索者には情報通の知り合い「小名田 匠」がいることを伝えてください。
 
〇アイデア
「彼女」が誰かに似ていることに気づきました。しかしそれが誰なのかは思い出せません。
 
〇小名田に情報を求める
小名田は多少オカルトへの知識を持っており、探索者の状況が危機的なものだと感じ取っています。
しかし探索者が彼女の名前すら知らないことについては「もう一度寝なおして聞いてこい。そうじゃないと調査すらできない」などと言います。
小名田の推理によると、それは明らかにあなたを狙った超常現象である、と伝えられます。
 
 
……それにしても、眠たくてたまりません。
 
 

■■■夢の世界②

ラベンダー畑、小さなログハウス、そしてこちらを愛おし気に見る彼女。
すべてがはじめの夢のままです。
「今日は何で遊ぼっか? えっと……」
そう言う彼女に、幾つか質問が可能です。
 
〇あなたの名前は?
彼女はすこし寂し気に「星宮アンナ」と答えます。
そのあとはぱっと笑顔になり、「恋人の名前を忘れるなんてどういうこと!」と茶化してみせます。
 
〇恋人とはどういうことか
「からかってるの? あなたと私は愛し合って、恋人になったの。それ以上のことはないのよ」
アンナは、くすくす笑います。
 
〇ここはどこか
「さあ? でも、とっても素敵なところよね!」
 
〇何がしたい?
「遊びたいわ! この前はかくれんぼだから、今日は鬼ごっこ! ねえ、私をつかまえて!」
そう言い残すと彼女はまた駆け出し、すぐに見えなくなってしまいます。
彼女を見つけ出すことはできませんし、花畑を脱出することもできません。
 

■判定について

・アンナに【目星】を振り、成功すると、見た目に反してずいぶん子供じみた仕草であることがわかります。
・アンナに【心理学】を振り、成功すると、幸福と悲しみで満たされていることがわかります。
・アンナについて【アイデア】の半分の値で成功すると、自分は彼女を交通事故から救ったことがあることに気づきます。ただ、救った「星宮アンナ」はまだ12歳で、がりがりに痩せた車いすの少女でした。
・ログハウスの中の机を調べると、メモの内容が変わっていることに気づきます。「早くしないと 夢の世界から抜け出せなくなる アンナを殺せ」
 
ログハウスのメモを確認したら、背後にアンナを立たせてください。
「何を見ているの?」
 
探索者が隠そうとすると「ねえ……ずっとここで一緒よ。だって恋人だもん、ね?」と微笑みます。
アンナの微笑みに狂気を感じ、1d4/1d6のSANcです。
 
探索者がメモを突きつけた場合、「やだ、こわい……私、こんなの知らないわ。守ってくれるわよね?」と微笑みます。
アンナの微笑みに狂気を感じ、1d4/1d6のSANcです。
 
いずれにせよ、これは「探索者に殺されたがってるアンナの演技」です。
そして、今回の夢はここで終了します。
 
 

■■■現実世界②

探索者は夜になるまで寝ていました。
そして、相変わらず眠気が酷いです。
取れる行動は基本的に以下です。KPは状況に応じてふさわしい情報を出してください。
 

■判定について

〇「星宮アンナ」について【図書館】で判定する
星宮アンナは生まれつき臓器に疾患を持ち、ドナーを求める12歳の少女であることがわかります。
星宮アンナの画像も見ることができます。顔色が悪く、がりがりに痩せた少女で、夢の中の幸せそうな「星宮アンナ」の面影はありません。
 
この判定に成功したら、続いて【アイデア】ロールをお願いします。
成功すると、彼女が、以前偶然横断歩道で助けた車椅子の少女であることがわかります。
※この情報が既出であれば、それを確信させる形で伝えてください。
 
〇小名田に情報を求める
【幸運】判定に成功すると、基本的に上記と同じ情報が手に入ります。
 
追加情報として、彼女が入院している病院と部屋番号などの個人情報がわかります。
また、これ以上眠ると危ない旨を警告されます。
 
しかし……どうしても……眠い、です……。
 
 

■■■夢の世界③

ラベンダー畑、小さなログハウス、そしてこちらを愛おし気に見る彼女。
すべてがはじめの夢のままです。
探索者が彼女の正体に気づいていないなら、アンナは、また無邪気に遊ぼうと言ってきます。
探索者が彼女の正体にある程度気づいているなら、アンナは、暗い笑みを浮かべ、ログハウス内にあったナイフを差し出しています。
 
「知ってるんでしょ? ここにあなたを閉じ込めてるのは、私」
「殺せばいいじゃない。それで呪縛から逃れられる」
「そうよ、私は悪魔なの! あなたに救われた日から恋をしていたわ! あなたが欲しい!」
 

■アンナをナイフで殺す場合

探索者は、無事、夢から解放されます。
それは、アンナの悲しい願いを叶えることになります。
ノーマルエンド①へ進んでください。
 

■アンナをナイフで殺さない場合

アンナは混乱し、「なんで殺してくれないの!! なんで……そんなに優しいの!!」と絶叫します。
そして、探索者は夢から醒めます。
グッドエンドへ進んでください。
 

■アンナと共に夢の世界で生きていく選択をした場合

探索者はアンナの短い寿命を醒めることのない夢の中で過ごすことになります。
そして、アンナの死と共に夢から醒めます。
しかし探索者は納得していることでしょう。ノーマルエンド②へ進んでください。

 

■■■グッドエンド「アンナをナイフで殺さない」

目が覚めると、そこに小名田がいます。
「心配させんなよ……ほんと目が覚めないかと思ったぜ」
そう言う小名田は探索者を外に連れ出し、自分の車を示して「乗れよ」と言います。
 
小名田の目指す先は、星宮アンナが入院している病院です。
アンナは、か細く、貧相な少女でした。
探索者を見たアンナは、泣きながら「なんで来ちゃったの?」と呟きます。
 
「わたし、お姫様になりたかった。あなたに殺してほしくて、それでおわりにしたかった」
「こんなみっともない姿、見せたくなかった。現実に生きるのが、辛すぎたの」
「夢の中の綺麗なおねーさんでいたかったんだよお……」
「このまま死ぬのなら、好きな人に殺してほしかった」
「通りすがりのあなたにそれをねがってごめんなさい、ごめんなさい……」
 
探索者が何か慰めの言葉をかけると、彼女は泣きながら頷き、探索者が部屋を出るときこう言います。
 
「生きます……」
「あなたにまた会いたいから…‥!
数か月後、彼女にドナーが見つかったという報告を、小名田から受けることになるでしょう。
 
 

■■■ノーマルエンド①「アンナをナイフで殺す場合」

彼女は最後に微笑みます。
「ありがとう……すごく幸せ。本当だよ」
「夢の中の綺麗なお姫様のままで、死ねたんだから」
「通りすがりのあなたにそれをねがってごめんなさい、ごめんなさい……」
 
探索者はそこで目覚めます。
探索者を悩ませていた眠気も、もうありません。
 
そして、スマホが鳴ります。小山田からの着信です。
探索者は、星宮アンナが息をひきとった旨を知らされるでしょう。
※探索者が「星宮アンナ」の情報に辿り着いていない場合、このシーンはありません。
 

■■■ノーマルエンド②「アンナと共に夢の世界で生きていく選択をした場合」

アンナは探索者と遊び続けます。
夢の中で生を謳歌する、そのために!
しかし、それに突然終わりが訪れます。
現実世界のアンナが死んだのです。
 
探索者が目をさますと、小山田が涙を流しながら探索者の手を握っています。
「良かった……もう二度と戻ってこないかと……!」
 
そして、探索者は、小山田の口から、アンナの死を知ることになるでしょう。
アンナは最後に幸せだった。それだけは、わかります。
※探索者が「星宮アンナ」の情報に辿り着いていない場合、このシーンはありません。

 

■シナリオの取り扱いについて

※このシナリオは動画化フリーです。シナリオをそのまま遊んで頂いた場合はもちろん、一部改変しての動画化もご自由にどうぞ。その場合、コメント欄にてご一報頂けると幸いです。

※プレイ目的以外での本文のコピー・転載はご遠慮ください。


以上

Default dc97b68ac5e45fe6e796100df0104bd212cb6cb56de14e1772ab29062c337ef0

Comment

Default dc97b68ac5e45fe6e796100df0104bd212cb6cb56de14e1772ab29062c337ef0
cl. 2017年12月10日

間違えて違うシナリオでコメントしてしまったので改めてこちらでも。
初心者の友人との初セッションとしてしようさせて頂きました。進行のしやすいシナリオだし、鬼ごっこの最中等にログハウスに鍵を付けてみたり、アレンジも加えやすく初心者GMの私も楽しかったです。
エンド分岐はよっぽどの事が無い限りグッドエンド直行なので後味も良かったです。
最後に大変厚かましいのですが、この続編等面白そうな気がしますね。例えばいわゆるサービスシナリオ的な、特に死ぬ事もSANチェックする事もないSAN回復だったり技能+だったり、単にその後的な物やその数年後2人がいちゃいちゃする…とか。
上のルールもマナーもわかってない発言は不快でしたら無視されて結構ですし、言っていただければ消します。
これからもシナリオ作りを頑張ってください

Default dc97b68ac5e45fe6e796100df0104bd212cb6cb56de14e1772ab29062c337ef0
Giraffe 2018年03月13日

長らくコメントに気が付かなくてすみません!
楽しんでいただけて何よりです。
アレンジも、探索者や状況に合わせ、遊びやすいように改変して頂ければと思います。

続編シナリオも、ご自由に作成なさってください!
(私の手元では小名田とくっついたエンドとかもありました。笑)

遊んでいただいて、ありがとうございました。

Post Comment

ログインするとコメントできます。