2019年04月23日更新

【このすばTRPG】エリスの胸はパッド入り

  • 難易度:★★|
  • 人数:3人~5人|
  • プレイ時間:2~3時間(ボイスセッション)

駆け出し冒険者の街アクセルから歩いて二日の距離にある小さな村『アクア様ばんざい村』
この村は、最近エリス教徒の手によって神聖な井戸水が汚染される被害を受けているらしい。君たちは調査のため、この村へ足を踏み入れることとなった。
この素晴らしい世界に祝福を!TRPG 『エリスの胸はパッド入り』
あなたも、アクシズ教へ入信しませんか?

※この素晴らしい世界に祝福を!TRPGは有限会社ファーイースト・アミューズメント・リサーチ様の著作物です。

342

2

ストック

0

コメント

この素晴らしい世界に祝福を!TRPG

エリスの胸はパッド入り

 

PREPLAY

【レギュレーション】
CL:1~2
PL人数:3~5
プレイ時間目安:2.5時間
 
【今回予告】
駆け出し冒険者の街アクセルから歩いて二日の距離にある小さな村『アクア様ばんざい村』
この村は、最近エリス教徒の手によって神聖な井戸水が汚染される被害を受けているらしい。君たちは調査のため、この村へ足を踏み入れることとなった。
この素晴らしい世界に祝福を!TRPG 『エリスの胸はパッド入り』
あなたも、アクシズ教へ入信しませんか?
 
【PC用共通ハンドアウト】
 ―――寝坊した。
 昨夜開かれた宴会でベロベロに泥酔したことが、全ての原因だった。
 冒険者として生計を立てている君たちは、ギルドでクエストを受けない限り、お金を稼ぐことができない。しかしその日は寝坊した影響か、既に殆どのクエストが他の冒険者に取り尽くされており、掲示板に残っているクエストは一つだけになっていた。
 そのクエスト名は『エリス教徒討伐』…場所は『アクア様ばんざい村』とされていた。
 昨夜の宴会で所持金の殆どを使い果たしていた君たちに、このクエストを受けないという選択肢は残されていなかった。
  

OPENINGPHASE

【シーン①/最後に残ったクエスト】
[GM用メモ]
 PCたちが『エリス教徒討伐』のクエストを受けるシーンである。GMは、絶対にPCにこのクエストを受けさせること。何が起きても、絶対にである。そのためならば手段は問わない。
 PCたちがクエストを受け、アクア様ばんざい村に向け出発したらシーン終了となる。
[本文]
 ―――終わった。
 掲示板にポツリと一枚だけ貼られたクエストを見た時、君たちはそう直感した。
クエスト名は『エリス教徒討伐』 依頼主は『あなたの心に寄り添うアクシズ教団』とされていた。
エリス教は、世界で最も多くの人に信仰されている最大宗教である。信者は皆他人に対して親切な人格者であり、エリス教を国教に指定している国もある。
対してアクシズ教は、邪神アクアを崇め奉る破綻者たちが集う宗教として有名である。エリス教徒を目の敵にしており、特定危険宗教団体に指定している国もあると聞く。
 
……その上で、このクエストである。
ハッキリ言ってゼッタイ受けたくない。
 
しかし現在、君たちは昨夜催された宴会の影響で生活に支障をきたすレベルの金欠に陥っており、一刻も早くクエストをクリアし、報酬を手に入れなければならない状況に陥っていた。だが、今掲示板に張り出されているクエストはこの一枚だけ。つまり、君たちはこのヤバそーな依頼を受けるしかないのである。
 
(PCたちがクエストの詳細を確認したら以下のことがわかる)
クエスト名:エリス教徒討伐
依頼人:あなたの心に寄り添うアクシズ教団
場所:アクア様ばんざい村
達成条件:エリス教徒の討伐
達成報酬:アクシズ教入信無料特別チケット(×人数分),アクシズ石鹸(×人数分),アクシズ洗剤(×人数分)
クエスト詳細:現地で説明いたします。
 
(達成報酬の価値を知りたい場合)
●判定:難易度8の知力判定
▶成功:チケット:1枚0E、石鹸:売値300KE、洗剤:売値400KE
▶失敗:わからんが、売ればとりあえず食いつなげるだろう。
 
(PC達がクエストを受けずにバイトをしようと言い始めた場合)
●判定:難易度12の幸運判定
▶成功:ギルドの入口でこんな会話を聞いた。
青髪の少女「ちょっとカズマさぁぁぁん!最近バイトが全然見つからないんですけどー!!」
 緑服の少年「あー、最近、外からこの街にボランティアで来ているエリス教徒が多くて、主に土木系でバイトを募集しなくなったって話をよく聞くな」
 青髪の少女「何よそれ!どういうこと!!なんで他所からこの街にわざわざ慈善事業をしに来るって言うの!」
 緑服の少年「お前が起こした洪水被害の復旧のためだよ!!…まぁ、ボランティアが集まりすぎたせいで地元民の仕事がなくなっているのは問題だと思うけどな」
 青髪の少女「そうよ!他所から人呼ぶならちゃんとそういうことも考えて呼びなさいよね!」
 緑服の少年「他所の世界からこの世界に考えなしに人を喚び続けてたヤツがそれを言うかー」
 ……とりあえず、バイトを見つけるのは諦めたほうが良さそうだ。
▶失敗:かなり時間をかけて探したが、バイトは見つからなかった。2D点のMPロス。
(PCたちがクエストを受けたらミドルフェイズに進む)
 

MIDDLEPHASE

【シーン①/アクア様ばんざい村】
[GM用メモ]
 PCたちがアクア様ばんざい村に到着するシーンである。村人は当然全員アクシズ教徒。PCたちに対し、熱心に入信を勧めてくる。
 また、このシーンで語られている「エリスの胸はパッド入り」という台詞は後々伏線になってくるので、忘れずに描写すること。
 ちなみに、PCの中にエリス教徒がいることがわかった瞬間、村人たちはそのPCに対して「ぺっ」とツバを吐いてくる。
勘違いしないでいただきたいのは、アクシズ教徒は皆頭がおかしいだけで決して悪人ではないという点である。アクシズ教の教義でも、罪は犯してはいけないことになっている。
 PCたちが夜に井戸の見張りをすることになったら次のシーンに移る。
[本文]
 アクセルの街から歩いて二日。君たちは、夕刻頃にアクア様ばんざい村へとたどり着いた。
村人A「アクア様ばんざい村へようこそ!さぁ、あなた方もアクシズ教に入りませんか!?」
村人B「今アクシズ教に入ると、もれなくアクシズ缶バッジをプレゼント!」
村人C「さらに、アクシズ教に入るとその他諸々特典がいっぱい!アクア様の祝福で幸せになれたと評判です!」
 村に入るなり、村人たちが一斉に君たちを取り囲み、アクシズ教への入信を迫ってきた。以下、体験者の話。
村人D「アクシズ教に入ってからまるで風邪を引かなくなったよ!いつも健康さ!(※個人の感想です)」
村人E「アクシズ教に入ってから、肌に10代の頃の艶と潤いが戻りました。(※個人の感想です)」
村人F「アクシズ教に入ったおかげで、子供の成績が上がったんだよ!(※個人の感想です)」
 
(クエストに関する話をすると)
村長「あぁ、あんたらがクエストを受けてくれたっていう冒険者かい」
 人混みをかき分け、一人の老人が君たちの前にやってきた。どうやら彼はこの村の村長のようだ。
村長「遠くからわざわざすまんのう。さて、確か、依頼の詳細は現地で説明することになっとったな。早速で悪いが、ちと、付いてきておくれ」
 言うと村長は、村の中央にある井戸の方へ歩いて行った。
 
(村長を追いかけると)
 村長を追いかけ、井戸に近づくと、井戸から異臭がすることに気がついた。井戸の底を覗いてみると、腐った動物の死骸が投げ込まれていた。
村長「酷いもんじゃろう。このせいで女神アクアの祝福を受けた綺麗な井戸水が使えなくなってしもうた」
村長「儂らアクシズ教徒にとって『水』とは信仰の源であり、命と生活とお金の次くらいに大切なもの。それをこうも悪質な形で汚されて、黙っていられようものか」
村長「あんたらには、これをしでかした犯人をとっちめてもらいたい。犯人は毎夜この井戸に動物の死骸を投げ込みに来る。それを待ち伏せして、返り討ちにしてほしいのじゃ!」
 
(犯人はわかっているのかと聞かれたら)
婆さん「エリス教徒だよ」
 横から、見知らぬお婆さんが口出ししてきた。
村長「婆さん。夕飯の支度は済んだのかい?」
 どうやら、村長の奥さんらしい。
婆さん「うるさいねぇ。水も無いのにロクな飯が作れるかい。今日の飯は干し芋だよ!」
村長「トホホ…」
婆さん「それはそうと、犯人はエリス教徒さ。三日前の朝、井戸の近くにこんなものが落ちていたからねぇ」
 言うと婆さんは、君たちにエリス教のマークが刻まれた聖印を手渡した。
婆さん「この村にはエリス教徒なんて邪教徒は存在しない。なのにそれが落ちていたんだ。これはもう、エリス教徒が犯人だという決定的な証拠さね」
村人A「そうだ!エリス教徒の野郎どもが俺たちの神聖な水を汚しやがったんだ!」
村人B「クソッ!ヤツら、絶対に許さねえぞ!」
 村人たちは怒りを顕にした。
村人C「そもそも、あんなパッド入り女神のどこが良いのだ!」
村人D「そうだ!虚偽にまみれたパッド女神なぞ、信仰するに値しない!」
 村人たちの怒りは頂点に達しているようだ。
村人E(PCたちに向けて)「いいか君たち。この言葉を決して忘れるな。『エリスの胸はパッド入り』」
村人F「どうぞ皆さんご唱和下さい! エリスの胸は~?」
村人ABCDE「「「「「パッド入り!!!!!」」」」」
村人F「エリスの胸は~?」
村人ABCDE「「「「「パッド入り!!!!!」」」」」
 まるでアイドルのコール&レスポンスのように、村全体が熱狂した。
 
(PCたちが、出没時間のわかっている犯人を村人たちが捕まえられない理由を聞いた場合)
村長「そりゃあ、あんた。夜は眠いだろう?だから寝るんだよ」
村人C「俺たちアクシズ教徒は、辛い明日を考えるより、今を楽しく生きるからな」
村人D「夜遅くまで起きてんのって身体にも悪いらしいしなー」
 
(PCたちが夜の井戸の見張りを了承したら、次のシーンに移る)
 
【シーン②/夜の待ち伏せ】
[GM用メモ]
 PCたちが夜の井戸でエリス教徒たちを待ち伏せするシーンである。
ちなみに、待ち伏せの形式は問わない。近くで隠れていてもいいし、井戸の前で仁王立ちしていても良い。
また、シナリオ上ではPCたちが動物の死骸を投棄しに来たゴーレムと戦闘を行う前提で話を進めているが、PCたちがゴーレムの邪魔をしなかった場合、戦闘は起こらない。この場合、ゴーレムは動物の死骸を井戸に投棄した後、森の奥へ帰って行く。
エネミーの『アクア絶対殺すマン』はそこそこの強敵である。場合によってはPCが敗北する可能性もあるため、気をつけること。
戦闘が終了したら、次のシーンに進む。
[本文]
 深夜、村のアクシズ教徒たちが寝静まった頃。君たちは井戸の周囲でエリス教徒を待ち伏せしていた。
(PCたちの準備が整ったら判定に移る)
●判定:難易度12感知判定
▶成功:森の奥から、ガシャン!ガシャン!と足音が聞こえる。
▶失敗:心地よい夜だ。今にも寝てしまいそう。難易度8の精神判定を行う。失敗するとあなたは寝る。
 
(足音がする方に注意を向けたら)
 ガシャン!ガシャン! 足音がどんどん大きくなってくる。森の方を注視していると、突然、木の陰から中型のゴーレムが飛び出してきた!
アクア絶対殺すマン「ピロピロピロピロ!アクアコロス!アクアコロス!」
そのゴーレムは動物の死骸を抱えており、額にはエリス教の聖印が埋め込まれていた。
ゴーレムは井戸に向かって、まっすぐ走ってくる。
 
(PCたちがゴーレムに敵対行動を示したら戦闘に移る)
●戦闘:VSアクア絶対殺すマン(ゴーレム)
◯配置:アクア絶対殺すマンは井戸から10m離れた位置にいる。PCの位置は初期の宣言による。
◯エネミーデータ:アクア絶対殺すマンのデータは、基本的にアースゴーレムのデータと同一である。ただし、エネミースキルの《盗難被害:動力部》を《盗難被害:聖印》に、ドロップ品の『動力部』を『聖印』に変更すること。また、PC人数によって以下の修正を受ける。
→PCが4人の場合:ELに+1、HPに+10、攻撃のダメージに+3
→PCが5人の場合:ELに+2、HPに+20、攻撃のダメージに+6
▶PCたちがアクア絶対殺すマンに勝利した場合
アクア絶対殺すマン「ピロロロロロロロロロ…ヴヴヴン⤵」
ずしゃっ。ゴーレムはその身体を保っていられなくなり、その場に崩れ落ちた。
(PCたちがドロップ品を回収したら、次のシーンへ進む)
▶PCたちがアクア絶対殺すマンに敗北した場合
アクア絶対殺すマン「アクアコロスアクアコロスアクアコロス…ガ、コイツラハアクアジャナイカラ、ミノガシテヤル」
 ゴーレムは井戸に動物の死骸を投げ込むと、君たちを見逃して、森の奥へと帰っていった。
(PLがクエストの中断を希望しない限り、次のシーンへ進む)
 
【シーン③/足跡を追って】
[GM用メモ]
 ゴーレムの足跡を辿って、エリス教徒の拠点を突き止めるシーンである。時系列は、シナリオ上では翌朝になっているが、先程のシーンに引き続き、夜に探索を行っても構わない。その場合、エリア全体が[暗闇]状態となるため注意すること。
 PCたちが洞窟を発見したら次のシーンに進む。
[本文]
 翌朝、君たちは村長に、昨夜のゴーレムの件について報告した。
村長「森からゴーレムが? ふむぅ、ゴーレムとはウィザードなどによって作られる人造魔獣。森の奥に黒幕のエリス教徒が潜んでいる可能性が高いのう」
婆さん「森の方にゴーレムの足跡が残っておるかもしれん。それを頼りに邪悪なエリス教徒の住処を探し出し、コテンパンにこらしめてやりな!」
 
(PCが森で足跡を探索する場合)
●判定:難易度8の感知判定
▶誰か一人でも成功:ゴーレムのものと思われる足跡を見つけた。森の奥へと繋がっている。
▶全員失敗:足跡が見つからない。少し疲れてきた…。(1D点のMPロスを受ける)
 
(足跡を辿っていく場合、先頭にいるPCは判定を行う)
●難易度12危険感知
▶成功:野生の猿が木の上から木の実を落としてきたが、回避することに成功!
▶失敗:いてっ!木の実が頭にクリーンヒット。2D+5点の物理ダメージ。
 
(更に先に進むと)
 絶壁が君たちの前に立ち塞がった。ここを登らない限り、先には進めなさそうだ。
●判定:10mの登攀
▶成功:崖の上にも、ゴーレムの足跡は続いていた。
▶失敗:ここを登らない限りクエストをクリアできない。頑張ろう。
 
(更に先に進むと)
 洞窟がぽっかりと口を開けていた。ゴーレムの足跡は、そこから出てきていた。
 
【シーン④/洞窟探索】
[GM用メモ]
 ダンジョン探索のシーンである。GMは、PLたちに探索シーンに入ることを伝え、以降はダンジョンマップを参照しながらシナリオを進行させること。
 マップの各所には番号が振られている。GMは、PCが番号の書かれた地点まで進んできたら、対応する描写を読み上げることとする。
 また、このシーンの間、洞窟内は常に[暗闇]状態となっている。PCたちがランタンなどを所持していない場合、ペナルティの適応を忘れないようにすること。
[本文]
'画像'
①洞窟入口
洞窟の入口にやってきた。奥の方まで通路が続いているように見えるが、暗くて先がよく見えない。
(PCがランタン当で明かりをつけたら)
 10mほど進んだところに扉が見えた。
 
②扉の5m手前
(ここを通ろうとした場合)
●判定:難易度14の危険感知
▶成功:床に、トラップ[爆弾罠]が仕掛けられている。
▶失敗:トラップ[爆弾罠]が起動する。
 
③大扉
両開きの大扉だ。
(扉を開けようとした場合、判定を行う)
●判定:難易度11の危険感知
▶成功:トラップ[ビリビリ装置]が仕掛けられている。[ビリビリ装置]の解除値は13である。
▶失敗:扉から電流が流れてきた。2D+5点の〈雷〉属性魔法ダメージ。
(扉を開けた場合)
 扉を開くと、広い部屋に出た。部屋の左右には小さな扉があり、部屋の奥には巨大なエリス像が設置されている。
 
④巨大エリス像
 5mほどの高さがあり、洞窟の天井に届きそうだ。
(この像を調べる場合、知力判定と感知判定を行うことができる)
●判定:難易度12知力判定
▶成功:一般的に知られているエリスの姿と比べ、胸が盛られているように思う。
▶失敗:エリスおっぱいでっけーなー
●判定:難易度12感知判定
▶成功:エリス像の両サイドに丸いくぼみがある
▶失敗:エリスおっぱいでっけーなー
 
(左右のくぼみに宝玉を嵌めた場合)
 ピキーン!エリス像の両目が光った。
麗しきエリス様像「…シンニュウシャヲハッケン。ハイジョシマス」
 物騒なことを言いながら、エリス像が動き出した。同時に天井の一部がパカッと開き、そこから羽の生えた小さなエリス人形が20体ほど舞い降りてきた。エリスたちは、君たちに攻撃を仕掛けてきた。
●戦闘:VS麗しきエリス様像&愛しきエンジェリス人形×2
◯配置:部屋の広さは10m×10mとする。『麗しきエリス様像』及び『愛しきエンジェリス人形』×2はマップの④の位置にいる。
◯エネミーデータ(麗しきエリス様像)
麗しきエリス様像  EL:5  属性:-  分類:人造生物  識別値:14
HP:50  MP:45
筋力:15/5 器用度:13/4 敏捷性:9/3 知力:18/6 感知:8/2 精神:15/5 幸運:12/4
攻撃:《フラッシュ》1:6(3D)/2D+14/魔法(魔法〈光〉)/20m
回避:2D+3 防御:10/5 行動:5 移動:10
[エネミースキル]
《マジックブラスト》2:
《近距離発射》1:マイナー。ダメージ増加を行う。自身と同一エンゲージ内にいる対象への魔法攻撃のダメージに+2Dする。この効果はメインプロセス終了まで持続する。
《フラッシュ》1
《属性強化スキル》2:
《暗視》1
《盗難被害:動力部》
[ドロップ品]
4~7:麗しきエリス様像の破片(100KE)
8~11:麗しきエリス様像の破片(100KE)×3
12~:動力部(700KE)
※このエネミーは、PC人数によってデータに以下の修正を受ける。
→PCが4人の場合:ELに+1、HPに+15
→PCが5人の場合:ELに+2、HPに+20、《マジックブラスト》《属性強化スキル》のSLに+1
 
◯エネミーデータ(愛しきエンジェリス人形)
愛しきエンジェリス人形  EL:5(モブ)  属性:-  分類:人造生物  識別値:14
HP:30  MP:45
筋力:9/3 器用度:15/5 敏捷性:12/4 知力:9/3 感知:8/2 精神:15/5 幸運:12/4
攻撃:キューピッドアロー:5(2D)/2D+10/射撃(物理)/20m
回避:2D+4 防御:5/5 行動:6 移動:8
[エネミースキル]
《盗難被害:動力部》1
《バッドステータス付与:スタン》1
《飛行能力》1
[ドロップ品]
4~7:エンジェリス人形の矢(80KE)×2
8~11:エンジェリス人形の矢(80KE)×4
12~:動力部(500KE)
※このエネミーは、PC人数によってデータに以下の修正を受ける。
→PCが4人の場合:ELに+1
→PCが5人の場合:ELに+2
 
▶PCたちが麗しきエリス様像に勝利した場合
麗しきエリス様像「ピロリロリロリロ…ヴヴヴン⤵」
ガラガラゴロ。エンジェリス人形は墜落し、エリス像はその場に崩れ落ちた。
エリス像が崩れたことにより、像の背後に隠されていた扉が姿を現した。
▶PCたちが麗しきエリス様像に敗北した場合
麗しきエリス様像「シンニュウシャヲハイジョシマス」
 ピカッ! エリス像が放った光が君たちを包み込む。気がつくと、君たちの前には本物のエリスが立っていた。
エリス「残念ですが、あなた方の冒険はここでおしまいです。これも運命だと思って、どうか受け入れて下さい」
エリス「…それにしても、私の姿を模したあの像は何だったのでしょう。調べる必要がありそうですね」
言うとエリスは、君たちが探索しきれなかったあの洞窟のことを調べるため、外界へと降りていった。
BAD END
(シナリオを終了する)
 
⑤左扉
鉄製の扉だ。
(この扉を調べた場合)
 トラップはないようだ。
(この扉を開けた場合)
 扉の先には短い通路が続いていた。5m進んだ先でT字路のようになっている。
 
⑥宝箱
 宝箱がある。
(この宝箱を調べた場合)
●判定:難易度14トラップ探知
▶成功:トラップ[爆弾罠]が仕掛けられていることがわかる
▶失敗:トラップ[爆弾罠]が起動する。また、それによって宝箱とその中身は破壊される。
(この宝箱を開けた場合)
▶罠未解除:[爆弾罠]が作動する
▶罠解除後:宝箱の中には[ヒールポーション]が2つ入っていた。
 
⑦食料庫扉
 木製の扉がある。扉には『食料庫』と書かれている。
(この扉を調べた場合)
 トラップはないようだ。
(この扉を開けた場合)
 扉を開くと、狭い部屋に出た。
 
⑧食料庫
 部屋にはたくさんの箱が置かれていた。また、部屋の奥には台座があり、そこに白い宝玉が置かれていた。
(食料を探す場合、判定を行う)
●判定:幸運判定
▶達成値~8:仕掛けられていたネズミ取りを作動させてしまった。3D点物理ダメージ。
▶達成値9~12:[にく][野菜]を1つずつ手に入れる。
▶達成値13~:[にく][野菜][果実]を1つずつ手に入れる。
※この判定は1人1回までしか行うことができない。
 
⑨白の宝玉
(台座を調べた場合)
 トラップはないようだ。
(宝玉を調べた場合)
▶エリス像の側のくぼみに気づいていた場合:ちょうど、この宝玉がハマりそうなくぼみがあった気がする。
▶エリス像の側のくぼみに気づいていた場合:綺麗な宝玉だが、一体何故こんなところに置いてあるのだろう。
 
⑩右扉
鉄製の扉だ。
(この扉を調べた場合)
 トラップはないようだ。
(この扉を開けた場合)
 扉の先には短い通路が続いていた。5m進んだ先で右に曲がっている。
 
⑪薄壁
(PCたちがこの壁を調べた場合)
 ここの壁は他の壁よりも薄いようだ。攻撃すれば崩せるかもしれない。
(PCたちが壁に攻撃した場合)
 壁のデータはHP20、物理防御力5、魔法防御力5とする。HPが0になった場合、壁が崩れたものとして扱う。
 
⑫ギロチン
 ギロチンがある。どうやら、近づくと無骨な刃が落ちてくる仕組みのようだ。
(PCがギロチンをくぐり抜けて突破しようとした場合)
●判定:難易度12敏捷性判定
▶成功:ギロチンの刃が落ちるよりも早く、通路を駆け抜けることに成功!
▶失敗:ギロチンがヒット。5D+25点の物理ダメージ。
(PCがギロチンを破壊しようとした場合)
 ギロチンは通路の高い位置にあるため、飛行状態であるか、3mの[登攀]を行わない限り、[射程:至近]の攻撃は届かない。
ギロチンのデータはHP20、物理防御力0、魔法防御力0とする。このギロチンに累積で30点より大きいダメージを与えた場合、洞窟が衝撃に耐えきれず、天井が崩れてくる。この通路にいるPCは全員、2D+10点の貫通ダメージを受ける。尚、天井が崩れた後も、通路を通るのに支障はきたさないものとする。
 
⑬金庫扉
 鉄製の扉がある。扉には『金庫』と書かれており、難解なパズルが取り付けられていた。
(この扉を調べた場合)
 トラップはないが、パズルを解かないと鍵が開かない仕組みらしい。
(パズルに挑戦する場合、判定を行う)
●判定:難易度12の知力判定
▶成功:ガチャリ。鍵が空いた。
▶失敗:だめだ。全然わからない。
(この扉を開けた場合)
 扉を開くと、狭い部屋に出た。
 
⑭金庫
 部屋にはたくさんの宝石が落ちていた。また、部屋の奥には台座があり、そこに銀の宝玉が置かれていた。
(部屋の中を詳しく調べる場合、判定を行う)
●判定:難易度12感知判定
▶成功:部屋の隅に[マナタイト(極大)]が落ちているのを発見する。このマナタイトの回復量は4Dである。
▶失敗:落ちていた宝石を踏んづけてしまった。地味に痛い。1D点の貫通ダメージ。
(宝石を拾う場合)
1D6を振る。出た目の数だけ[ダイアモンド]を入手する。
※このロールは1人1回までしか行うことができない。
 
⑮銀の宝玉
(台座を調べた場合)
 トラップはないようだ。
(宝玉を調べた場合)
▶エリス像の側のくぼみに気づいていた場合:ちょうど、この宝玉がハマりそうなくぼみがあった気がする。
▶エリス像の側のくぼみに気づいていた場合:綺麗な宝玉だが、一体何故こんなところに置いてあるのだろう。
 
⑯隠された宝箱
 宝箱がある。この宝箱には[鍵A]が仕掛けられている。
(この宝箱を調べた場合)
●判定:難易度14トラップ探知
▶成功:トラップ[爆弾罠]が仕掛けられていることがわかる
▶失敗:トラップ[爆弾罠]が起動する。また、それによって宝箱は破壊される。中身の鍵は無事である。
(鍵Aを解除し、宝箱を開けた場合)
▶罠未解除:[爆弾罠]が作動する
▶罠解除後:宝箱の中には、[地下室への鍵]が入っていた。
 
⑰地下室への扉
 鉄製の扉がある。扉には『地下室』と書かれており、[鍵B]が仕掛けられていた。
(この扉を調べた場合)
 トラップはないようだ。
([地下室への鍵]を使用した場合)
 ガチャリ。鍵が開いた。
(扉を開けた場合)
 5mほどの短い廊下の先に、地下へと続く階段がある。
 
⑱下り階段
(階段に近づいた場合、判定を行う)
●判定:難易度12感知判定
▶成功:階段の下から物音が聞こえる。どうやら誰か居るらしい。
▶失敗:エリスのおっぱいでかかったなー
(PC全員が階段を降りたら、シーンを終了してクライマックスフェイズに移る)
  

CLIMAXPHASE

【シーン①/洞窟最奥部】
[GM用メモ]
 クライマックスシーンである。ほぼ二階堂のひとり語りとなっているが、このシナリオの背景設定がここで語られているため、そこそこ重要なシーンである。
 PCたちが二階堂に敵対行為を示したら、次のシーンへ移行する。
[本文]
 階段を降りると、そこは魔術工房だった。部屋の床には所狭しと魔法陣が描かれており、また、部屋の各所に聖印が転がっている。
 その部屋の中央で、一人の男が椅子に座り、白い表紙の魔導書のようなものを読んでいた。
二階堂「ん?」
 君たちが部屋に入ってきたことに気づいた男が、顔を上げた。
(現代人のPCがいた場合)
 君は、その男が日本人であることがわかるだろう。
 
二階堂「おや、まさか客人が来るとは思わなかったな。ようこそ、我が神聖なる魔術工房へ。僕は二階堂英司。麗しき幸運の女神エリスの、敬虔なる信徒だ」
二階堂「あれ、でも君たち、上の防犯システムはどうやって突破したんだい?」
二階堂「まさか君たち、アクシズ教徒に味方する連中じゃないだろうな」
(PCがアクシズ教徒の依頼で来たと分かったら)
二階堂「…汚らわしい。アクシズ教徒が僕の領域に足を踏み入れるな!」
二階堂「アクアはいい加減な女神だ。僕をこの世界に召喚したのはあの女だった」
(以下回想)
女神アクア「世界を渡る特典として、あなたになんでも一つ、特殊な能力やアイテムをお渡しします」
アクアという青髪の女神からいわゆる『チート』がもらえると言われ、僕の心は舞い踊った。生前、日本で読んだなろう小説の主人公のような無双ができる。そう思っていたんだ。
僕がアクアからもらったアイテムは『ヘヴンズメイズグリモワール』…全ての魔術を自在に発動できるようになる本だった。僕はこの本を手にこの世界に降り立ち、意気揚々とゴブリン狩りにでかけた。無双できると、そう信じて疑わなかった。
しかし、魔法は発動できなかった。本に書いてある呪文を読み上げれば自動的に魔法が放たれるはずなのに、何故か発動できなかった。それでも僕はアクアを信じて、ゴブリンの攻撃を必死で回避しつつ、呪文の詠唱を続けた。すると、本の空きページにうっすらと文字が浮かびでたんだ。
ヘヴンズメイズグリモワール「MPが足りません」
二階堂「MP必要なのかよーーーっ!!」
僕はゴブリンたちから這々の体で逃げ出した
 
そんな僕を救ったのは、輝くような銀髪と豊満な胸を持つ真の女神、エリス様だった。エリス様は心身共にボロボロになった僕の前に現れ、僕を救ってくれたんだ。
女神エリス「その本ひとつでこの世界を生き抜くのは大変でしょう。本来はこういうことはしないのですが…今回だけ、特別です。あなたの心が穏やかである限り、その本の効果を使用する時にかかるコストを軽減できるようにしましょう」
 
 それ以来、僕はエリス様に一生ついていくことを心に決めた。エリス様のために聖印を集め、エリス様像を造り、エリス様を崇め奉る書籍を全国各地から集めた。
 しかし、その最中、僕はとある組織の存在を知った。組織の名はアクシズ教。そう。僕に欠陥アイテムを渡したかの忌まわしき女神の信徒だ。聞けばアクシズ教の連中は神聖なるエリス教徒に嫌がらせを働いているという。僕はそれが許せなかった。そもそも、あの駄女神を信仰している連中がいる事自体、腹立たしくてしょうがなかった。
 だから僕は、神聖なるエリス教徒を代表して、奴らを粛清することに決めたんだ。手始めに、奴らが崇める、水を汚す事によってね。 そう、全ては我が愛しきエリス様のために
(回想終)
 
二階堂「そういうことさ。だから、もし君たちが粛清を邪魔するというのなら、僕は君たちを許さない。きっとそれがエリス様のご意思だからね」
(ここまで聞いたら、PCたちは判定を行う)
●判定:難易度2知力判定
▶成功:バカでもわかる。こいつエリス教徒というより、ただエリスに惚れただけのやべーやつだ。
▶失敗:バカでもわかる。こいつエリス教徒というより、ただエリスに惚れただけのやべーやつだ。
 
二階堂「言っておくが、エリス様のご加護がある限り、君たちが僕を倒すことは不可能だ!」
言うと二階堂は、手に持つ白い本を輝かせた。
二階堂「いくぞ。最強の防御魔法!《ザ・ウォール・オブ・エリス》!」
 二階堂の周囲に、銀色に輝く防護障壁が現れた。
二階堂「さぁ、この防護障壁を破ってみろ!」
 
(ここまで演出したら、判定を行う)
●判定:難易度8の知力判定
▶成功:君たちの頭の中に、とあるフレーズが思い出される。「エリスの胸はパッド入り」…そういえば、回想の中で、エリスの加護は二階堂の心が穏やかである限り続くと言っていた。この台詞で二階堂を挑発していれば、もしかしたら…?
▶失敗:殴り続けてれば障壁も割れるだろ!
(判定が終了したら次のシーンに進む)
 
【シーン②/VS二階堂】
[GM用メモ]
 クライマックス戦闘は特殊なギミック付きの戦闘となる。GMは、戦闘開始前に「◎特殊ルール」を参照の上、PLにギミックを説明すること。
 二階堂は怒りゲージが溜まるたびにダメージが上昇したり、台詞が用意されていたりするなど、かなり処理が複雑なエネミーである。GMは戦闘前に二階堂のデータをよく読んで、気をつけながら戦闘の進行を行うこと。
 PCが戦闘に勝利したら、次のエンディングフェイズに進む。
 PCが戦闘に敗北したら、シナリオを終了させる。
[本文]
●戦闘(VS二階堂英司&)
◎特殊ルール:各PCは自身のフリーアクションで「エリスの胸はパッド入り!」と宣言することがで、1Dをロールすることができる。出た目の数だけ、二階堂の『怒りゲージ』が増加する。
二階堂の怒りゲージが上限に達したら、その時点で二階堂はMPが足りなくなり、スキル《ザ・ウォール・オブ・エリス》の効果を維持できなくなる。
◯エネミーデータ
二階堂英司  EL:7  属性:-  識別値:15
HP:30  MP:40  怒りゲージ上限:10
筋力:9/3 器用度:12/4 敏捷性:9/3 知力:18/6 感知:9/3 精神:18/6 幸運:6/2
攻撃:素手(格闘/双):4(2D)/0(2D)/白兵(物理)
回避:2D+3 防御:0/6 行動:6 移動:8
[エネミースキル]
《平行詠唱》1:ムーブアクション。「対象:単体」「タイミング:メジャーアクション」の魔法攻撃を行うスキルの対象を「対象:SL+1体」に変更する。この効果はメインプロセス終了まで持続する。
《怒りの魔力》1:パッシブ。魔法攻撃のダメージに+[現在の怒りゲージの値]する。
[ギミックスキル]
《ザ・ウォール・オブ・エリス》1:パッシブ。ダメージ軽減を行う。自身が受けるダメージを50点軽減する。
[装備品]
ヘヴンズメイズグリモワール
効果1:パッシブ。このアイテムを装備している者は、基本クラススキル、またはエネミースキルの「タイミング:メジャーアクション」「分類:魔術」のスキルを全て取得しているものとして扱う。
効果2:ギミックスキル《ザ・ウォール・オブ・エリス》が使用できるようになる。
カース:装備者が使用する「タイミング:メジャーアクション」「分類:魔術」のスキルのコストに+50する。(ただし、二階堂はエリスの祝福を受けているため、怒りが上限に達さない限りは、このカースの影響を受けない)
 
台詞
二階堂「なっ!貴様、エリス様の豊満な胸を愚弄するな!」
(怒りゲージ5~9)
二階堂「ええい、貴様ら、エリス様の御姿を拝んだこともないくせに!」
(怒りゲージ10~14)
二階堂「黙れ!パッド入りなど信じられるか!!」
(怒りゲージ15~19)
二階堂「お前らいいかげんにしろよ!!!!!!!!!」
(怒りゲージMAX時)
二階堂「うるせーーっ!!エリス様の胸は豊満じゃろがいっ!!!」
 
[ドロップ品]
4~10:エリス様人形(500KE)
11~15:エリス様人形(500KE)×2
16~:ヘヴンズメイズグリモワール(非売品)
 
※このエネミーは、PC人数によってデータに以下の修正を受ける。
→PCが4人の場合:ELに-1、怒りゲージの上限に+5
→PCが5人の場合:ELに+1、怒りゲージの上限に+10、《平行詠唱》のSLに+1する。
  

ENDINGPHASE

【シーン①/エリスの胸はパッド入り】
[GM用メモ]
 エンディングである。前半はPCの登場しない、二階堂とエリスだけでの描写となる。
[本文]
気がつくと、二階堂英司は広さのわからない、暗い空間に立っていた。
二階堂「ここは…?」
エリス「二階堂さん」
 振り返ると、そこには麗しき女神エリスが立っていた。
二階堂「あぁ、愛しのエリス様…!本日も麗し…」
 しかし二階堂は、ここであることに気づく。そう、エリスの双丘が、以前見たときもなだらかであるということに。
エリス「すみません。以前あなたとお会いした日は、ちょうどAmasonから新しいPADが届いた日で、少しテンションがあがっちゃって…」
二階堂「………」
エリス「今回の件は、少なからず私にも責任があると思うので、お詫びの意味も込めて、二階堂さんはしっかりと地上にお返しします」
二階堂「え、あの、その…」
 光が、二階堂を包み込む。
二階堂「待って下さい、エリス様!俺は…!」
エリス「本当に、申し訳ございませんでした」
 
 再び、洞窟の中。
二階堂「はっ」
 君たちの攻撃を受け、しばらくの間気絶していた二階堂が、目を覚ました。何やら「パッド…パッド…」とうわ言のようにつぶやいている。
二階堂「パッド、パッド…あぁ、うわ、うわああああああああああ!!」
二階堂は悲鳴を上げながら、洞窟の外へと逃げ出した。
 
【シーン②/アクシズ教徒の宴会】
 君たちは、アクア様ばんざい村に戻り、エリス信者の二階堂が遠くへ逃げていった旨を村長に報告した。
村長「そうかいそうかい。まぁ、これ以上水が汚されないというのならそれでいいだろう」
婆さん「本当はエリス教の邪教徒をとっちめてやりたいところだったんだがねぇ。まぁ、仕方ない」
村長「それじゃ、約束通り報酬をやろう。えーと、アクシズ石鹸とアクシズ洗剤を人数分。それとたしか…」
村人A「ほら、持ってきたぞ!」
ドサッ
君たちの目の前に、大量の『アクシズ教入信無料特別チケット』が置かれた。
村人B「いやぁ、エリス教徒を追っ払ってくれてありがとう!」
村人C「お礼にこのチケットをアクセルの街に持ち帰ってくれ!」
村人D「友人、家族、親戚、知り合い全員に配るといい!」
村人E「そして配り終えたら、またすぐにこの村へ戻ってくると良い」
村人F「俺たちアクシズ教徒は、いつでもお前たちを歓迎するぞ!」
 
 君たちは逃げるようにこの村から離れ、そして二度と近寄ることは無いことだろう。
 この素晴らしい世界に祝福を!TRPG『エリスの胸はパッド入り』
 これにて閉幕
  

APPENDIX

【登場人物紹介】
二階堂英司
本シナリオの黒幕。女神アクアの手によってこの世界に転生させられた転生者。転生の際、アクアに欠陥品のチートアイテムを持たされたせいで命の危機に遭い、それ以来アクアを恨むようになる。
 逆に、自身を救ってくれたエリスには心から惚れ込んでおり、彼女のことを過剰なまでに信仰している。
 シナリオ本編時系列では、アクア様ばんざい村付近の洞窟に立てこもり、ヘヴンズメイズグリモワールの効果で魔術を使用してゴーレムを作りアクシズ教徒へ嫌がらせをしている。
 尚、エリスの胸がパッド入りであることを知らず、かの女神が豊満な胸を持っていると思い込んでいる。
 
村長
 アクア様ばんざい村の村長。他の村民のように勢いに任せた勧誘はしないが、長い時間を駆けてじっくりと懐柔し、アクシズ教に引き込もうとする。この手法で、たった1人で信者を集めてこの村を作り上げた。
 
婆さん
 村長の奥さん。村で唯一、村長を尻に敷ける人物。勧誘活動はめんどくさいから嫌い。
 
村人A~F
 モブ。典型的なアクシズ教徒。全員男。
 
女神エリス
 ご存知原作キャラクター。このすばの正ヒロイン。エリス教教祖。
 
女神アクア/青髪の少女
 ご存知原作キャラクター。駄女神。現在は緑服の少年に連れられて下界に降りている。
 
緑服の少年
 原作主人公。本シナリオへはゲスト出演。
 
【用語解説】
冒険者の街アクセル
 基本ルールブックで紹介されている街。原作でも主な舞台となっている。
 
アクア様ばんざい村
 アクセルから徒歩2日の距離にある小さな村。村人全員がアクシズ教徒。
 
アクシズ教
 水の女神アクアを主神とする宗教。主神が駄女神なためか、アクシズ教徒は頭のおかしい人ばかり。
 
エリス教
 幸運の女神エリスを主神とする宗教。この世界の最大宗教。
 
アクシズ教入信無料特別チケット
 クエスト『エリス教徒討伐』の報酬。このチケットを使わない場合の入信料がいくらなのかは不明。
 
アクシズ石鹸
 クエスト『エリス教徒討伐』の報酬。食える。
 
アクシズ洗剤
 クエスト『エリス教徒討伐』の報酬。飲める。
 
アクア絶対殺すマン
 二階堂が作り出したゴーレム。動力部に聖印が使われている。
 
麗しきエリス様像
 二階堂が作り出したゴーレム。地下室への扉を守っている。
 
愛しきエンジェリス人形
 二階堂が作り出したゴーレム。麗しきエリス様像の取り巻き。
 
ヘヴンズメイズグリモワール
 アクアが二階堂に渡したチートアイテム。装備するだけでどんな魔法でも使えるようになる、マジックアイテムのグリモア。ただし、コストとして爆裂魔法に匹敵するほどのMP消費を要求される。
 
《ザ・ウォール・オブ・エリス》
 最強の防護魔法(二階堂談) 女神エリスの加護で強固な結界を築く。決してエリス様を愚弄する魔法ではない。
 
【Q&A】
Q:「神聖な井戸水」って何ですか?
A:神聖な井戸水です。
 
Q:生活用水なのに神聖なんですか?
A:生活用水なのに神聖なのです。
 
Q:村長や婆さんはアクシズ教徒なのに話が通じますよね。何故ですか?
A:登場人物紹介をお読み下さい。
 
Q:個性的な名前のエネミーが多い気がしますが、名付け親は誰でしょうか?
A:二階堂です。
 
Q:アクア絶対殺すマンはどこから動物の死骸を持ってきたのですか?
A:昼間に森で必死に探しています。夜にしか村に来ないのはそのためです。
 
Q:何故このようなシナリオを書こうと思ってしまったのですか?
A:記憶がございません。気がついたら完成しておりました。
 
Q:製作者さんは頭がおかしいのですか?
A:よく言われます。
 
Q:エリスの胸は?
A:パッド入り。

237db156 0192 4a0a bcf6 5310df55b49a

Twitter企画の結果、シナリオ21本投稿キャンペーンをすることになってしまった。 現在3本投稿済み。 小説家になろう様にてアリアンロッド2Eのリプレイを連載しておりますのでそちらも是非。 URLから読みに行けます。 Twitterアカウント:@Gurumayu_76min

https://ncode.syosetu.com/n0515dx/

Post Comment

ログインするとコメントできます。