2020年11月28日更新

【Coc】蠢く死の気配(早見ページ)

  • 難易度:★|
  • 人数:1人~3人|
  • プレイ時間:

このページは、同サイト掲載「【Coc】蠢く死の気配(説明ページ)」が長くなってしまったので、重要な点だけまとめた早見ページです。こちらも長めです。
このページだけでは説明不足がありますが、「【Coc】蠢く死の気配(説明ページ)」を見ている前提で、キーパーがプレイする時の早見として作成。
内容はほぼ同じです。説明の方は何故そう思うのか、何故その技能かなどを書いてあるだけです。

166

0

ストック

0

コメント

説明の【Coc】蠢く死の気配(説明ページ)はこちら。

◯イベント タイムスケジュール

1 電気をつけて1時間経過(1か所調べ終わった頃)
 部屋全体が揺れます。
 「幸運」 ダメージ 0/1d3によって判定。
2 電気をつけて3時間経過(3か所を調べ終わった頃)
 すでに玄関を開けていない場合、玄関を叩くノックが聞こえる。(開けるなら、玄関を開ける場合を参照)
3 電気をつけて6時間経過
 玄関が強制的に開き、「蠢く触腕」×2との戦闘が開始。
 ※すでに遭遇していても、耐久力全回復で再登場。
4 探索者が目覚めてから10時間経過
 家主が帰ってくる。
 
 
 


◯敵エネミー「蠢く触腕」

'画像'
(適当に書いたイメージ画)
STR:100 CON:90 SIZ:60 INT:85 POW:250 DEX:10 EDU:10
移動:10 耐久力:30
ビルド:3
攻撃方法:叩く、叩きつける、巻き付く
(近接戦闘:40% ダメージ:1d6+1d4 回避:10%)
特殊攻撃ルール:巻き付くは戦闘マヌーバー「相手をつかんで押さえる」に相当。
 巻き付かれている探索者は、このエネミーからの攻撃は回避イクストリーム判定
攻撃回数:1ラウンドにつき1回ずつ
特記:窓では1本、玄関では2本(触腕1、触腕2と表記)出現
 

▽戦闘回避方法

1 技能「変装」とアイテム「家主のローブ」を使用して家主に変装する。(「人類学」「心理学」で部屋を調べておくと、キーパーの判断でボーナス・ダイス追加可)
2 技能「隠密」で隠れる。
3 戦闘前に話し、誠意と敵意がないことを説明する。
 会話成立のため、技能「日本語」イクストリーム成功
 説明するため、「言いくるめ」「信用」「説得」などの対人技能をハード成功
4 咄嗟に閉めるもできなくはない。できるかはキーパー判断に任せる。
 判定はDEX(敏捷性)のハード&ペナルティ・ダイスで成功。

 

▽逃走方法

1 登場した敵エネミー全員を怯み状態にして、窓または玄関を閉める。
 怯み状態の発生方法 1度に耐久力10以上の減少、食べる物か燃える物を投げる。
2 明かりを消す。

 
 


◯導入

探索者たちは気づいたら真っ暗な完全な暗闇の中、目を覚ました。
闇の中感触だけでわかるのは、倒れていた地面が固くはありませんが柔らかくもなく絨毯のような手触りがあることくらいです。
 
行動①
行動 明かりをつける。
実際 玄関の近くにある電気のスイッチを押すと、天井の電気がつきます。
判定 幸運 ※所持品に明かりがある場合、判定なし。
行わないペナルティ 探索の判定がイクストリーム。文字を読む不可能。
 
 

◯部屋全体(探索消費時間 10分)

その部屋は、どこか生活感のある雑多で少し汚い部屋でした。
探索者が倒れていたのは、ローテーブルが乗った絨毯の片隅で、改めて見れば探索者たちが持っていた所持品が落ちています。
更に視線を移していけば、本棚、キッチン、バスタブ、トイレ、ベッドと、生活に必要な物はこの部屋だけで揃っていそうなワンルームです。
ベッドの近くにカーテンが閉まっている大きめの窓がありますが、出入りできそうな場所は内開きとなっている玄関らしき扉が1つのみです。(スイッチは玄関の左側に変更)
'画像'
 

▽部屋全体の詳細

行動①
行動 どんな人物が住んでいるか調べる。
判定 「考古学」「心理学」「人類学」
成功 「置かれている備品を見る限り、ここに住んでいる者は1人であること」がわかります。
   また現代日本を知っている人間は、「現代日本的だ」ということがわかります。
失敗 誰かが住んでいることくらいしかわかりません。
 
行動②
行動 部屋の中で何か動く物が居ないか調べる。
判定 「聞き耳」
成功 「不自然な程、何も聞こえず、外の音も聞こえないこと」に気付きます。
失敗 何も聞こえません。
 
行動③
行動 部屋の中に気になる物がないか調べる。
判定 「目星」
成功 「光源は天井についている電灯のみで、窓のカーテンの隙間からも全然光が見えないこと」に気がつきます。
失敗 特に何か気になる事はありません。
 
 
 


◯絨毯とローテーブル(探索消費時間 1時間)

ペルシャ絨毯のような模様が描かれた赤い絨毯の上に、いろいろと雑貨が乗ったローテーブルが置かれています。
 

▽絨毯

行動①
行動 絨毯を調べる。(パターン1)
判定 「目星」
成功 「古そうだが、綺麗な模様の絨毯だということ」がわかります。
失敗 ペルシャ絨毯のような絨毯だとしかわかりません。
 
行動 絨毯を調べる。(パターン2)
判定 「鑑定」「経理」「考古学」「人類学」「歴史」
成功 「本物のペルシャ絨毯で、そこそこ価値のある物ではないか」ということがわかります。
失敗 ペルシャ絨毯のような絨毯だとしかわかりません。
 
 
行動②
絨毯の裏を調べる。絨毯をめくる。
絨毯をめくると、下はフローリングです。フローリングの上に薄らと溝状の傷がある気がします。
 
行動 目視でフローリングの床を調べる。
判定 「目星」
成功 「フローリングの傷のように思われたそれは、円形で何かの意図で描かれた溝のようです。薄らとしていてハッキリとはわかりませんが、敷いてあった絨毯の模様と同じような幾何学模様が描かれている」ような気がします。
失敗 ローテーブルが上に置かれていたので、その傷のような気がします。
 
行動 手で触れてフローリングの床を調べる。
判定 「芸術・製作の工芸や彫刻」「手さばき」
成功 目視で調べると同じ。
失敗 目視で調べると同じ。
 
 
行動③ 行動②終了後
行動 更に調べる。
判定 「オカルト」「考古学」
成功 「その幾何学模様が魔法陣の形状のようだ」と思いました。
失敗 更に何もわかりません。
 
 
行動④ アイテム「瓶に入った青い粉」を所持。
行動 絨毯の上、もしくはフローリングの上に、アイテム「瓶に入った青い粉」を撒く。
結果 キラキラと空中を舞っている青い粉はまるで吸い込まれるように、傷のような傷に入り込み、魔法陣のような模様が浮かび上がりました。
 
行動⑤ 本「魔法辞典」を探し出している。(探索消費時間 +30分)
行動 行動④で浮かび上がった床の魔法陣を、「魔法辞典」で調べる。
結果 「その魔法陣が転移の魔法陣であること」がわかります。
 
 

▽ローテーブル

ローテーブルの上には、雑多に物が積まれています。
ざっと見たところ、新聞、ノート、眼鏡ケース、食事をとった後の食器、飲み物のペットボトルなどが乗っており、お世辞にも綺麗とはいえません。
 
行動①
行動 新聞を読む。
判定 「日本語」(日本語が母国語の場合や眼鏡をかけている場合は、判定なし)
成功 日本語で書かれているものだとわかります。現代日本探索者の場合は、今日昨日の新聞も混じっています。
失敗 新聞だとはわかりますが、内容はわかりません。
 
行動②
行動 食器を調べる。動かす。
判定 なし
結果 食器を動かすと、その下に「小さい銀の鍵」を見つけます。
 
行動③
行動 ノートを見る。
判定 「日本語」(日本語が母国語の場合や眼鏡をかけている場合は、判定なし)
成功 「ある魔法生物の観察日記」が読めます。
 

◯「ある魔法生物の観察日記」

「1ページ目 やっと魔法生物を生み出すことに成功した。今は小さいが、私の期待に答えてくれると思っている。錬成方法と錬成魔法陣をここに記す。専門用語などが並んでいて、よくわからない。
 2ページ目 あの魔法生物はすくすくと育っている。最近では餌をあげようとすると近づいてくる。魔法生物が好む食べ物をここに記す。魚介類。特に海老や魚、イカやクラゲなどを好んで食している。
 4ページ目 あの魔法生物は問題なく成長している。少しだけ知能があるようで、私の言うことが少しだけわかっているような気がする。今日は寝る時に電気を消してくれた。
 5ページ目 あの魔法生物の苦手なものについて。今日、あの魔法生物がキッチンのコンロで火傷していた。強靭な肉体を持つはずであるが、火はどうやら苦手らしい。
 6ページ目 あの魔法生物との生活も慣れて来た。ただ最近少し大きくなりすぎており、この家の中だけでは窮屈そうだ。そろそろ外に出してやろう。
 7ページ目 あの魔法生物は外に出してやったと言うのに、まだ部屋の近くに居て、毎日部屋を訪ねてくる。どうやら明かりに反応しているらしく、電気をつけたらやってくる。電気を消してしばらくすると帰っていく。やはり知能が少しはあるようだ。」
 
行動④
行動 眼鏡ケースを見る。
判定 「ラテン語」(ラテン語が母国語の場合や眼鏡をかけている場合は、判定なし)
結果 「眼鏡」と「ラテン語のメモ」を見つけます。
   眼鏡をかければラテン語のメモが自動で読めます。
 

◯「ラテン語のメモ」

「本日は、お買い上げありがとうございます。この眼鏡は、各国の古代文字・現代文字を、かけている人に合わせて翻訳してくれる自動翻訳機です」から続く、説明書。
 
行動⑤
行動 ローテーブルの上に「瓶に入った青い粉」を撒く。
判定 なし
結果 眼鏡ケースまたは眼鏡に集まります。わずかに絨毯にも落ちています。
 
 
 


◯窓(探索消費時間 10分)

窓があることはわかるが、カーテンが閉まっているため、外の様子がわかりません。
 
行動①
行動 窓の外の音を聞く。
判定 「聞き耳」
成功 不思議な程、外の音が聞こえません。よく耳を澄ましてみると、微かにごぽごぽと鈍い音が聞こえるような気がします。
失敗 不自然な程、外の音が聞こえません。
 
行動② 1か所目に調べる。(イベント①がまだ発生してない)
行動 カーテンを開ける。
判定 なし
結果 そこに広がっていたのは暗い暗い闇でした。時折部屋の明かりに光る魚などの影が横切って行きます。
 どうやら部屋の周りは水で囲われており、暗い深海の海がそこに広がっていました。
 海の底だと気づいた探索者たちは、異様さと恐怖を感じました。
 →正気度(SAN)判定 減少0/1d3。対象 窓の外を見た全員。
 
行動③ 行動②状態
行動 窓を開ける。
判定 なし
結果 窓を開けると、垂直に水面があるように、部屋の中には水は入り込んで来ません。
 水面に手を触れようとすると、水の中に手をつけた時と同じ感触がして、手が濡れます。
 
行動④ 一か所以上すでに調べている。(イベント①発生後)
行動 カーテンを開ける。
判定 なし
結果 そこに広がっていたのは暗い暗い闇でした。時折部屋の明かりに光る魚などの影が横切って行きます。
 どうやら部屋の周りは水で囲われており、暗い深海の海がそこに広がっていました。
 海の底だと恐怖を感じるより先に、すいっと何かが視界を遮りました。
 白か銀に光る視界の真ん中に、人の頭程の大きさの真ん丸な黒い円形の何かが窓いっぱい映し出されました。
 それが巨大な生物の目だと気づき、目が合った探索者は底知れない恐怖を感じました。
 →正気度(SAN)判定 減少1/1d10。対象 窓の外を見た全員。
 
行動⑤ 行動④が発生している。
行動 窓を開ける。
判定 なし
結果 エネミー「蠢く触腕」×1との戦闘が開始。(探索消費時間 +30分)
 回避方法や逃走方法は、敵エネミー「蠢く触腕」の項目参照。
 
行動⑥
行動 生身で外に出る。
判定 なし
結果 触腕の間を抜け外へと脱出すると、触腕の本体であるイカのような20M程の巨大な化け物の姿が目に入ります。
 →正気度(SAN)判定 減少2/2d10。対象 外に出ている全員。
 
行動 生身で部屋の外に出る。(パターン①)
判定 「水泳」
成功 縦に1分20M、横に1分40M泳ぐことができる。
失敗 縦に1分10M、横に1分20M泳ぐことができる。
特記 成功・失敗関係なく、1分毎に深海ダメージ 3d3。
 
行動 「深海で泳げる薬」を飲んでから、外に出る。(パターン②)
条件 「深海で泳げる薬」を一口でも飲んでいる。
判定/成功/失敗 生身で出ると同じ。
特記 使用探索者のMP×1分間 深海ダメージなし。
 
※「蠢く触腕」が居る場合、外に出ると「蠢く触腕」×2との戦闘開始。
 居ない場合は、戦闘回避。
※海中で「蠢く触腕」と戦闘する場合、探索者たちのダメージ÷2。回避も「水泳」で行います。
※「蠢く触腕」は、部屋から50M離れると攻撃して来なくなります。
 
 
 


◯玄関(探索消費時間 10分)

内開きとなっている玄関らしき頑丈そうな扉です。
※扉を技能無しに調べる・開くは、ほぼ時間はかかりません。
 判定を行って開ける・戦う場合は別途で時間がかかります。
 
行動① 
行動 開けようする。(パターン1)
判定 なし
結果 ドアノブを回しても開く気配はありません。鍵がかかっているようです。
 玄関の内側ですが、つまみなどの回す部分はなく、鍵穴だけがあります。
 
行動 技能で開けようとする。(パターン2)(探索消費時間 +30分)
判定 「鍵開け」「機械修理」
成功 鍵が開きます。
 
行動 壊して開けようとする。(パターン3)(探索消費時間 +30分)
判定 戦闘技能で攻撃し、玄関耐久力10を0にする。
成功 扉が開きます。
 
行動 「金の鍵」を使用して開けようとする。(パターン4)
条件 「金の鍵」を持っていて、使用を宣言すること。
結果 鍵が開きます。
 
行動② 1か所目に調べる。(イベント①がまだ発生してない)
行動 扉を開ける/扉を壊す。
判定 なし
結果 そこに広がっていたのは暗い暗い闇でした。時折部屋の明かりに光る魚などの影が横切って行きます。
 どうやら部屋の周りは水で囲われており、暗い深海の海がそこに広がっていました。
 海の底だと気づいた探索者たちは、異様さと恐怖を感じました。
 →正気度(SAN)判定 減少0/1d3。対象 窓の外を見た全員。
 
行動③ 行動②状態
行動 室内から外を調べる。
判定 なし
結果 扉を開けると、垂直に水面があるように、部屋の中には水は入り込んで来ません。
 水面に手を触れようとすると、水の中に手をつけた時と同じ感触がして、手が濡れます。
 
行動④ 一か所以上すでに調べている。(イベント①発生後)(探索消費時間 +30分)
行動 扉を開ける/扉を壊す。※時間経過イベント③ 6時間経過時もこれが発生。
判定 なし
結果 玄関の扉を開いた瞬間、部屋の明かりに照らされ白か銀の光沢に輝き、うねうねと蠢く触手のような物が見えました。
 探索者は、それが何かよくはわかりませんが、本能的にそれに対して底知れない恐怖を感じました。
 →正気度(SAN)判定 減少1/1d6。対象 全員。開けた時に外を見てなくても、触手が部屋に入るので全員目撃する。
☆「蠢く触腕」×2との戦闘開始。
 回避方法や逃走方法は、敵エネミー「蠢く触腕」の項目参照。
 
行動⑤
行動 生身で外に出る。
判定 なし
結果 触腕の間を抜け外へと脱出すると、触腕の本体であるイカのような20M程の巨大な化け物の姿が目に入ります。
 →正気度(SAN)判定 減少2/2d10。対象 外に出ている全員。
 
行動 生身で部屋の外に出る。(パターン①)
判定 「水泳」
成功 縦に1分20M、横に1分40M泳ぐことができる。
失敗 縦に1分10M、横に1分20M泳ぐことができる。
特記 成功・失敗関係なく、1分毎に深海ダメージ 3d3。
 
行動 「深海で泳げる薬」を飲んでから、外に出る。(パターン②)
条件 「深海で泳げる薬」を一口でも飲んでいる。
判定/成功/失敗 生身で出ると同じ。
特記 使用探索者のMP×1分間 深海ダメージなし。
 
※「蠢く触腕」が居る場合、外に出ると「蠢く触腕」×2との戦闘開始。
 居ない場合は、戦闘回避。
※海中で「蠢く触腕」と戦闘する場合、探索者たちのダメージ÷2。回避も「水泳」で行います。
※「蠢く触腕」は、部屋から50M離れると攻撃して来なくなります。
 
 
 


◯本棚(探索消費時間 不定)

天井まである背の高い本棚。本棚には、様々な背表紙の本が並んでいます。
※「瓶に入った青い粉」に反応ありません。
 

▽気になる本の種類

1 魔法辞典(ラテン語)

内容 付箋が貼ってある箇所に「魔法転移の方法」が書かれています。
<魔法転移の方法>
 2つの転移の魔法陣を描き、片方の魔法陣の上で呪文と唱えると、術者のMP10消費して、2つの次元を繋ぐ道ができます。
 文章の最後に、魔法陣のイラストがあります。これが、その「魔法転移の魔法陣」でしょう。
 呪文の部分に、手書きで書いたと思われる文字で「イトゥス・エト・レディトゥス」とラテン語で書いてあります。

2 警察の銃(日本語)

鍵がかかった本。中身は拳銃。

3 魔法具辞典(ラテン語)

内容 アイテムの効果がわかる本。
<魔法具辞典で知れる情報>
① 眼鏡 この眼鏡をかけている使用者が修得してない言語を自動的に翻訳してくれる。
② 深海で泳げる薬 銀色の商品名もない缶に入った水色の液体。一口でも飲めば、消費マジック・ポイント(MP)×1分間、水圧や呼吸、水温の影響を受けなくすることができる。
③ 瓶に入った青い粉 蝶の鱗粉のような青い粉。魔法を感知する能力があり、この粉を蒔けば魔法の気配のある場所に集まる。

 

▽本棚を眺める。

行動①
行動 本棚を眺める(パターン1)
判定 「日本語」(「日本語」が母国語の場合や眼鏡をかけている場合は、判定なし)
成功 日本語で書かれた約半分の本の背表紙が読めます。
 
行動 本棚を眺める(パターン2)
判定 「ラテン語」(「ラテン語」が母国語の場合や眼鏡をかけている場合は、判定なし)
成功 ラテン語で書かれた約半分の本の背表紙が読めます。
 
行動 本棚を眺める(パターン3)
判定 「日本語」「ラテン語」(眼鏡をかけている場合は、判定なし)
成功 本棚にある全ての本の背表紙が読めます。
 
 

▽本を探す。

行動②
行動 本棚の本全てに目を通して気になる本を探す。
条件 文字が読めること。日本語・ラテン語どちらかしかわからない場合は、半分だけしかわからない。
判定 「日本語」「ラテン語」(眼鏡をかけている場合は、判定なし。背表紙で判定した時も、判定免除)
結果 時間をかけ、「魔法辞典(ラテン語)」「警察の銃(日本語)」「魔法具辞典(ラテン語)」を見つけます。(探索消費時間 どちらかの言語半分だけなら+3時間/全部読めるなら+6時間)
特記 複数探索者が手分けする場合、元の時間÷探索者人数がかかった時間。ただし、成功者・失敗者によってキーパーが時間判断必要。
 
行動③
行動 本棚の本を全てパラパラと目を通して、気になる本を探す。
条件 文字が読めること。日本語・ラテン語どちらかしかわからない場合は、半分だけ。
判定 「図書館」
成功 パラパラと軽く読んで、「魔法辞典(ラテン語)」「警察の銃(日本語)」「魔法具辞典(ラテン語)」を見つけます。(探索消費時間 +3時間)
失敗 パラパラと読んでいたつもりでも難解な本に、結局時間がかかってしまいました。(探索消費時間 +6時間)
特記 複数探索者が手分けする場合、元の時間÷探索者人数がかかった時間。ただし、成功者・失敗者によってキーパーが時間判断必要。
 
行動④
行動 本棚の背表紙から、気になる本を探す。
条件 文字が読めること。日本語・ラテン語どちらかしかわからない場合は、半分だけ。
判定 なし
結果 背表紙を眺めて、「魔法辞典(ラテン語)」「警察の銃(日本語)」「魔法具辞典(ラテン語)」と書かれた本を見つけます。(探索消費時間 +10分)
 
行動⑤
行動 運任せに本を手に取り、気になる本を探す。
判定 「幸運」ハード 使用1回につき固定で(探索消費時間 +10分)
成功 「①魔法辞典(ラテン語)」「②警察の銃(日本語)」「③魔法具辞典(ラテン語)」を、1d3でランダムに1冊取得。
失敗 手に取った本は、特に気になる物ではありませんでした。
 
 

▽本を読む。

行動⑥
行動 運任せに取った、本を読もうとする。
判定 運任せに手に取った本の言語に合わせた、言語判定(すでに読めているとわかっているなら免除)
成功 読めそうです。
失敗 文字が読めません。
 ※ファンブルしても、本は壊さないでください。
 
行動⑦
行動 「魔法辞典」か「魔法具辞典」の中身を全て読む。
判定 なし
結果 時間をかけ、本の中身を読み、内容を理解しました。(探索消費時間 +1時間)
 「魔法辞典」では「魔法転移の方法」、「魔法具辞典」では所持しているアイテムの効果を確認できます。
 
行動 「魔法辞典」か「魔法具辞典」の中身を軽く読む。
判定 「図書館」「オカルト」
成功 軽く読んで重要そうな場所を探し、内容を理解しました。(探索消費時間 +30分)
 「魔法辞典」では「魔法転移の方法」、「魔法具辞典」では所持しているアイテムの効果を確認できます。
失敗 内容を理解するのに時間がかかり、結局時間をかけて読みました。(探索消費時間 +1時間)
 「魔法辞典」では「魔法転移の方法」、「魔法具辞典」では所持しているアイテムの効果を確認できます。
 
行動 「魔法辞典」の中身をパラパラと読む/運任せに開く。
判定 「幸運」「目星」 使用1回につき固定で(探索消費時間 +10分)
成功 パラパラと読まずに重要そうな場所を探します。すると、少し違和感を感じ、そこを開くと付箋が貼ってあるページでした。
 「魔法転移の方法」がわかります。
失敗 なにか気になる部分はありませんでした。
 
行動 「魔法具辞典」の中身をパラパラと読む/運任せに開く。
判定 「幸運」 使用1回につき固定で(探索消費時間 +10分)
成功 パラパラと読まずに重要そうな場所を探しました。イラストなどを見ていると、所持しているアイテムと同じようなアイテムが載っているようです。
 1d3「①(翻訳)眼鏡」「②深海で泳げる薬」「③瓶に入った青い粉」で、アイテムの効果が一種類わかります。
失敗 なにか気にある部分はありませんでした。
 
行動 「魔法具辞典」の中で、所持アイテムを検索する。
判定 「幸運」
成功 すぐに所持アイテムのページを見つけました。(探索消費時間 0分)
失敗 所持アイテムのページを探すのに、時間はかかりましたが、見つけました。(探索消費時間 +10分)
 

▽「警察の銃(本のような箱)」を開く。

本だと手に取ったそれは、何か箱のようでした。ずっしりと重く、振ると中に何か入っていそうです。
 
行動⑧
行動 「警察の銃」の本を開こうとする。(パターン1)
判定 なし(この本は日本語の本だが、読めなくても良い)
結果 鍵がかかっているようで開きません。
 
行動 「警察の銃」の本を技能で開けようとする。(パターン2)(探索消費時間 +30分)
判定 「鍵開け」「機械修理」
成功 鍵が開きます。中に銃「M360J(リボルバー拳銃)」が入っています。
 
行動 壊して開けようとする。(パターン3)(探索消費時間 +30分)
判定 戦闘技能
成功 鍵もしくは本自体を破壊し、開きました。中に銃「M360J(リボルバー拳銃)」が入っています。
 
行動 「小さい銀の鍵」を使用して開けようとする。(パターン4)
条件 「小さい銀の鍵」を持っていて、使用を宣言すること。
結果 鍵が開きます。中に銃「M360J(リボルバー拳銃)」が入っています。
 
 
 


◯ベッド(探索消費時間 30分)

1人用のベッドは、誰かが朝起きたままのように少しめくれた跡が見て取れ、枕元には時計と何やら小物入れのような手のひらサイズのケースが置かれています。
 
行動①
行動 ベッドを調べる。
判定 なし
結果 ベッドは柔らかい。ベッドの下の方には収納があり、服が入っています。
 ※キーパーの判断で、家主への変装にここの服を使用しても良い。
 ※また、照明を壊しそうなPCがいる場合は、ここの奥に「電球の代え」が入っていても良い。
 
行動②
行動 時計を調べる。
判定 なし
結果 時計を手に取ると、今の時間がわかります。
 ※キーパーは、来た時間(AM10時)+探索している時間で、時刻を言ってください。
 
行動③
行動 小物入れのようなケースを調べる。
判定 なし
結果 開けると中には「金の鍵」が入っています。
 ※ケース自体は、特に仕掛けなどはありません。
 
行動 行動③の「金の鍵」を調べる。
判定 「心理学」「鑑定」「鍵開け」「機械修理」
成功 その鍵は玄関の鍵として使われる一般的な形だとわかり、玄関の鍵だと察することができます。
失敗 何の鍵かわかりません。
 
 
 


◯シャワーカーテンに囲われたバスタブとトイレ(探索消費時間 30分)

カーテンシャワーに囲われた、バスタブとトイレ。
 
行動①
行動 シャワーカーテンを調べる。
判定 なし
結果 シャワーカーテンを閉めると、バスタブとトイレを見えなくできます。ここに隠れることも出来そうです。
 
行動②
行動 バスタブを調べる。
判定 なし
結果 バスタブには水は入っておらず、近くには蛇口があります。
 更に備品として、シャンプーやリンス、せっけんなどが置いてあります。
 と、バスタブの周りを調べていると、家主の服であろうフードのついたマントのようなローブを見つけました。
 
行動③
行動 トイレを調べる。
判定 なし
結果 トイレは綺麗なトイレです。スプレー式の消臭剤が置いてあります。水が流れます。
 
 
 


◯キッチン(探索消費時間 1時間)

流し台とコンロが一体化したキッチンが、壁にくっつくように設置されています。
キッチン台の上には収納、下には小さい冷蔵庫があります。
 
行動①
行動 流し台を詳しく調べる。
判定 なし
結果 流し台についている蛇口を捻ると、水が出ます。
 
行動 流し台の水が飲めるか調べる。
判定 「医学」「科学(薬学)」
成功 毒などは入っておらず、真水のようです。飲めそうです。
 
行動②
行動 コンロを詳しく調べる。
判定 なし
結果 コンロのつまみを捻れば、火が付きます。どこかからガスが来ているようです。
 

▽冷蔵庫を調べる。

行動③
行動 冷蔵庫を詳しく調べる。(開ける)
判定 なし
結果 中には食料らしき物と、読めない文字(ラテン語)で書かれたラベルの貼られた小さめの缶が入っています。
 食料らしきものは魚介類などの食材から、現代人ならば見たことがあるような一般的なパッケージの加工品など入っています。
 
行動④ 食料を調べる。
行動 食材が食べられるか調べる。
判定 「医学」「科学(薬学)」
成功 毒などは入っておらず、食べられそうです。
 
行動 食材が食べられるか調べる。
判定 「鑑定」「芸術・製作(料理)」「人類学」「サバイバル」
成功 食べられる食材です。
 
行動⑤ 小さめの缶を調べる。
行動 小さめの缶のラベルを読む。
判定 「ラテン語」(「ラテン語」が母国語の場合や、翻訳眼鏡をかけている場合は、判定なし)
成功 「深海で泳げる薬」と書かれています。
失敗 読めませんでした。
 
行動 小さめの缶の中身を調べる。
判定 なし
結果 缶の中身は、透明ではなく水色の液体です。
 
行動 缶の中身を更に調べる。
判定 「医学」「科学(薬学)」
成功 探索者の知識では、思い当たらない薬です。
 
行動 缶の中身を飲む。
判定 なし
結果 味は少し甘さの中に苦辛さが混じる微妙に不味いジュースです。
※キーパー情報※ これを一口でも飲んだ探索者は10時間の間、部屋外に出ても深海ダメージが発生しなくなります。
 
行動 「瓶に入った青い粉」を冷蔵庫に撒く
判定 なし
結果 小さめの缶に集まります。
 

▽キッチン上の収納

行動⑥
行動 キッチン上の収納を開ける。
判定 「SIZ(体格)」「跳躍」
 ※何かを踏み台にした場合、ボーナス・ダイス可。
成功 中には最低限のキッチン用品と共に「瓶に入った青い粉」を見つけます。
失敗 中にはキッチン用品が入っているようだが、奥までは見えません。
 
行動⑦
行動 「小瓶に入った青い粉」を詳しく調べる。(パターン1)
判定 「医学」「科学(薬学)」
成功 その青い粉は、科学的には蝶の鱗粉のような物ではないかと思います。
失敗 何もわかりません。
 
行動 「小瓶に入った青い粉」を詳しく調べる。(パターン2)
判定 「鑑定」「自然」
成功 その青い粉は蝶の鱗粉のような物だが、自然界に自然に存在している物とは何かが違うような気がします。
失敗 何もわかりません。
 
行動 「小瓶に入った青い粉」を食べる。(パターン2)
判定 なし
結果 青い粉を舐めてみたが、口の中にじゃりっと張り付き美味しくはないが、何も起こりません。速攻性の毒は無さそうです。
 
 
 


◯脱出方法

▽方法1 <バッドエンド 「蠢く触腕」に全滅させられる>

 「蠢く触腕」に全探索者が倒されました。
 探索者が死んでしまった後に、魔法使いが帰ってきます。
 魔法使いは驚きますが、「蠢く触腕」に説明され納得し、絨毯の上に探索者の死体を運び、死体だけを現実へと返します。
 

▽方法2 <ノーマルエンド 部屋を泳いで出る>

 「蠢く触腕」を上手くすり抜け200M上昇しきると、見渡す限り島影が見えない海上に浮かび上がりました。
 閉じ込められていた部屋からは逃げ出すことは出来ましたが、そこがどこかわかりません。
 また、今いる世界が探索者たちが元居た世界であるかもわかりません。
 

▽方法3 <ノーマルエンド 家主の帰還>

 探索者が来てから10時間が経過すると、絨毯越しに魔法陣が青白く光り、魔法使いが帰ってきました。
 戦意を向けず、事情を説明すると、「申し訳ない。私が出た時に、転移の魔法の穴を閉め忘れてしまったみたいだな」と困ったように謝ってくれ、転移の魔法陣を使用して探索者たちの元居た場所へと戻してくれます。
 

▽方法4 <グッドエンド 探索者たちで転移魔法陣を発動>

 絨毯の下にあった魔法陣の上に立ち、「イトゥス・エト・レディトゥス」と唱えると、探索者たちは元居た場所へと帰れました。
※「魔法転移の魔法陣」を自力で書く場合、「オカルト」のハード成功。1時間かかる。
 
 
 

Default dc97b68ac5e45fe6e796100df0104bd212cb6cb56de14e1772ab29062c337ef0

ルルブは読んでいるが、未プレイヤーのド素人。 シナリオもイメージで書いているため、破綻してたり、ルール間違っている可能性あり。 実卓する場合は、勝手に改造・修正推奨、超推奨。 あまり世界観であったり、敵の情報までは読み込んでおりませんので、こんなのこのTRPGの世界観じゃないってものが多いと思います。 苦情やクレームは受け付けてません。